美浜で東日本大震災体験者が講演

 美浜町の東日本大震災体験者による特別講演が16日、地域福祉センターで行われ、町民ら約80人が大地震当時に陸前高田市立気仙小学校で校長を務めていた菅野祥一郎さん(68)の話を聴いた。

 避難所に指定されていた気仙小の校舎は3階まで浸水したが、菅野さんは裏山へ逃げるという判断をして、在校児童から1人の被害者も出さず「奇跡の気仙小」といわれている。講演では「あの日あの時~ふるさとは負けない!~」を演題に、当時何があったのか、どんな教訓を残したのか、命を守るために何が必要かなどをスクリーンに津波の様子などを映し出しながら語った。

 同市ではたびたび津波被害に遭っていることを説明したうえで、「津波は台風のように、毎年のようにはこない。津波から2年も経つと、注意報が出ても平気で海岸を走る車がある」と住民の意識の変化に警鐘を鳴らし、「津波は忘れたころにやってくる」と強調した。防災マニュアルについては、橋の閉鎖で遠回りを余儀なくされて亡くなった人がいたことや市指定の避難所が半数以上被災したことを指摘し、「否定する気はまったくないが、とらわれない行動をしなければならない時もあるのでは」と訴えた。裏山への避難は「判断、決断、指導する力を一気に発揮できた」と述べ、住民に指示がきちんと伝わった一因を「10㌔ほどを自転車通勤していて、地域の人たちとなじみがあったから」と分析。普段の地域交流の重要性も分かりやすく伝えた。

 津波が発生した時は「遠くより近くて高いところ」「安全を過信してはならない」とアドバイス。最後に「時間とともに記憶が薄れていく。忘れていくおかげで、きょうを楽しむことができるという人もいる。大事なことは、このような天災を忘れないできょうを楽しむこと。普段から自分の命を守るため想像力を働かせ、気づき、備え、行動してください」と呼びかけた。

写真=スクリーンで当時の映像を紹介しながら講演

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る