目に見えない観光をアピール

 ちょっと時期外れの話になるが、那智大社へ家族で初詣に出かけた。神社までの途中で、エビとカニの水族館、橋杭岩、那智の滝、トルコ記念館などに立ち寄り、紀南地方の観光も楽しんだ。海岸沿いのきれいな風景などもあらためて眺めると印象的で、有意義なひとときを過ごすことができた。

 休みの日も取材などの仕事が入ることが多く、家族でのんびりと出かける機会は結構少ない。紀南地方はそれほど遠方というわけではないが、初めて訪れた場所もあった。各所では展示資料などを見ながら歴史的な背景なども知ることができたし、十分に旅行気分を満喫できた。ただ、より深く地元の人と交流し、その土地でしか食べることができない郷土料理を味わえたらもっと心に残った日帰り旅行になったかもしれない。

 「観光」とは「観る光」と書く。名所を見に行くという意味なら「観行」という漢字になりそうだが、「行」ではなく「光」。この光には「その地域の優れたもの(特色)」という意味が込められているそうだ。きれいな景観、歴史的な建造物などがそれに当たるだろうが、人間の暮らしにも魅力や興味を感じる観光客が多いのではないか。

 2日、みなべ町で南部梅林がオープンした。毎年、開園期間の1カ月程度の間に京阪神などから約3万人の観梅客が訪れる。もちろん、大半の人の目当ては咲き誇る梅の花に間違いない。しかし、それだけでなく地元の人とのふれあいを望んでいる人もいるだろう。観光客がより深く地域にダイビングできる心と心が触れ合う機会を提供してみるのも1つの方法ではないか。目で見ることができない〝観光〟をアピールする絶好の機会でもある。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る