日高町新町議11氏決まる

定数11に対して現職10、新人2の計12人が立候補し、1人超過の少数激戦を繰り広げてきた日高町議選は3日に投開票され、新町議11氏が決まった。トップは587票の辻村昌宏氏で2期連続。地元萩原の結束を頼りに、スポーツ関係など幅広く支持を得た。新人2人はいずれも出遅れで苦戦したが、宮本雅文氏が小浦区のバックアップを受けて最下位に滑り込み、最後まで知名度不足が響いた湯川克巳氏が涙をのんだ。当日有権者数は6415人、無効票は47票。

萩原の辻村氏の選挙事務所には多くの支持者が集まり、トップ当選の一報に歓声と大きな拍手に包まれた。
孫の仁君(6)と玲ちゃん(1)から花束を受け取って笑顔いっぱい。橙伊多朗事務長(73)の発声で万歳三唱し、2期連続トップ当選の喜びを分かち合った。辻村氏は「前回票を何とか減らさないようにと思っていたが、上回ることができたのは皆さんの努力のおかげです」と厚い支援に感謝。「支持者の期待を裏切らないように4年間頑張ってきた。無投票ムードだったが、選挙は4年間をどのようにみてくれているかの目安だと考えて腹をくくって頑張り、皆さんのおかげでこのような結果を出せた。そしてここからがスタート。選挙を通じてお叱りや励ましの言葉をいただいた。遠慮なく悪いところは言っていただき、自分自身を律していきたい」とあらためて決意を示した。

孫からもらった「おじいちゃん、せんきょがんばってね」と書いた手紙をお守りにして戦ったのも勝因の一つと笑い、今後4年間は「教育の充実、生活の中でおろそかにできない一次産業の発展、防災力の向上、高齢化の中で健康長寿社会の実現に取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る