日高町 消防団員応援の店導入へ

 日高町が新年度から日高地方で初めて、「消防団応援の店」の新制度を導入することが決まった。応援の店として登録した町内の飲食店や小売店が、団員限定で割引や増量、ポイント倍増などのサービスをする取り組み。地域住民の生命と財産を守るため昼夜問わず活動する消防団員をサポートするとともに、店側の宣伝効果も期待できそう。

 消防団員はそれぞれ仕事をしながら日頃訓練をし、火災だけでなく、大雨、地震などの自然災害にも出動。そんな団員に「お疲れさま」の気持ちを込めて全国的に消防団応援の店の制度が導入されている。本県内では田辺市と那智勝浦町が導入。「飲食店の100円引」「米販売10%増量」「宿泊料2割引」などのサービスが行われている。

 日高町では、前消防団長の田端惠次氏から「団員の身分にプラスアルファとなることをしてほしい」との要望があり、事務局と協議しながら検討。町内事業所にアンケートも行ったところ、賛同する意見が多かった。消防団応援の店に対しては、町がA5サイズの応援の店表示証と団員90人の名簿を交付。団員は自動車運転免許証など本人が確認できるものを提示すれば、店側が独自に設定したサービスを受けることができる。団員の家族をサービス対象にするかどうかも、店側の判断に任せる。町内には居酒屋、すし屋、喫茶店などの飲食店や民宿、各種小売業、サービス業などがあり、担当課は「店側にとっては社会貢献店舗としてイメージアップや新規顧客の獲得のチャンスにもなる。20~30店の登録があれば」と話している。

 4月1日から登録店の申請を随時受け付け、応援の店となれば、店舗名や電話番号、サービス内容などを町のホームページに掲載してPR。町の広報でも定期的に発信していく。今回の新制度導入には応援の店表示証などの印刷代のほかに予算の必要はなく、低コストの取り組みとしても注目されそう。問い合わせは総務政策課℡0738―63―2051。

写真=消防団応援の店の登録証を手にPR

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る