忘れてはならないこと

 つらく、悲しかったこと。あすを楽しく生きるために忘れていいことと、逆に決して忘れてはならないことがある。津波に関しては後者で、絶対に風化させてはならない。美浜町の東日本大震災体験者による特別講演で、講師を務めた元陸前高田市立気仙小学校校長の菅野祥一郎さんは、そう強調していた。

 東日本大震災から、もうすぐ8年。「台風のように毎年こない」地震、津波は、甚大な被害を受けた地域でも風化が始まっているようだが、「津波注意報が出ていても、平気で海岸を走る車がある」との言葉には少し驚かされた。被災直後、大事にしていたガソリンについても「いまではエンジンをつけたままコンビニに駐車している」と指摘。人々の防災意識の低下に強く警鐘を鳴らしていた。

 東日本大震災の2011年以前。1896年の明治三陸地震、1933年の昭和三陸地震、60年のチリ地震と、ここ100年余りの間にたびたび津波でたくさんの犠牲者が出た。それでも数十年経過すれば、つらく、悲しかった出来事も徐々に忘れられていき、被害を拡大させてしまう一因になっている。「津波は忘れた頃にやってくる」。これを覚えていれば、助かった命があったかもしれない。

 講演の最後に「(つらく、悲しかった体験を)忘れていくおかげで、きょうを楽しむことができるという人もいる。大事なことは、このような天災を忘れないで、きょうを楽しむこと」と訴えた菅野さん。日高地方では近い将来、大地震と津波の発生が予想されており、菅野さんの講演とともに、大地震直後に感じた津波の恐ろしさ、それに日ごろの備えや心構えを決して忘れないようにしなければならない。(賀)

関連記事

県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会2019

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る