忘れてはならないこと

 つらく、悲しかったこと。あすを楽しく生きるために忘れていいことと、逆に決して忘れてはならないことがある。津波に関しては後者で、絶対に風化させてはならない。美浜町の東日本大震災体験者による特別講演で、講師を務めた元陸前高田市立気仙小学校校長の菅野祥一郎さんは、そう強調していた。

 東日本大震災から、もうすぐ8年。「台風のように毎年こない」地震、津波は、甚大な被害を受けた地域でも風化が始まっているようだが、「津波注意報が出ていても、平気で海岸を走る車がある」との言葉には少し驚かされた。被災直後、大事にしていたガソリンについても「いまではエンジンをつけたままコンビニに駐車している」と指摘。人々の防災意識の低下に強く警鐘を鳴らしていた。

 東日本大震災の2011年以前。1896年の明治三陸地震、1933年の昭和三陸地震、60年のチリ地震と、ここ100年余りの間にたびたび津波でたくさんの犠牲者が出た。それでも数十年経過すれば、つらく、悲しかった出来事も徐々に忘れられていき、被害を拡大させてしまう一因になっている。「津波は忘れた頃にやってくる」。これを覚えていれば、助かった命があったかもしれない。

 講演の最後に「(つらく、悲しかった体験を)忘れていくおかげで、きょうを楽しむことができるという人もいる。大事なことは、このような天災を忘れないで、きょうを楽しむこと」と訴えた菅野さん。日高地方では近い将来、大地震と津波の発生が予想されており、菅野さんの講演とともに、大地震直後に感じた津波の恐ろしさ、それに日ごろの備えや心構えを決して忘れないようにしなければならない。(賀)

関連記事

県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会2019

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る