御坊市指定文化財に美術工芸品3点追加

 
 御坊市指定文化財に3件が追加され、市指定文化財は19件となった。市の文化財指定は1998年の日高別院以来21年ぶり、美術工芸品としては1987年以来32年ぶり5件目。木造十一面観音菩薩立像は道成寺彫刻群を除けば日高平野で最古級の彫像、木造菩薩形坐像も日高地方の中で非常に古い像の一つ。伊藤博文の書「御坊黌」は一昨年に直筆だと分かり、いずれも価値の高い貴重な工芸品となっている。
 木造十一面観音菩薩立像は高さ112・7㌢。四角ばった輪郭の頭部、腰を絞った体、一部に渦文風の衣文線を配する点に平安時代中期も早い頃の10世紀彫刻の名残が示されるが、肉身部の抑揚が控えめで衣文線も浅く刻むなど次代に続く新様も表れている。このような造形から11世紀初頭の平安時代中期の製作と推定され、日高地方では道成寺の彫刻群に次ぐ古さ。県中部地方の平安時代中期から後期の標準的作例としての重要性とともに、道成寺文化圏の造像環境をとらえる上で貴重な情報を有していると評価されている。
 木造菩薩形坐像は鳳生寺の本尊で、高さ60・6㌢。体の穏やかな抑揚は平安時代後期の特徴を示す。目尻の切れ上がった生気のある顔つきは次の鎌倉時代のものに近く、12世紀後半の平安時代末期の像とされ、木造では日高地方の中でもかなり古い像の一つとなっている。これら2点を所有する鳳生寺は、中世に日高地域一体を支配した湯川氏の菩提寺で、古い歴史を持っている。
 「御坊黌」(ごぼうこう)と書かれた書額は長年、御坊小学校の校長室に掲げられ、「伊藤博文題」の文字も記されている。これまで本物かどうかは不明だったが、一昨年、専門業者に鑑定を依頼。書の筆致や他の作品との書風の比較、生地である絹本の調査などから、伊藤の中年期に書かれた作品であると断定、真筆であることが判明した。御坊とゆかりのある会津藩士山川浩と懇意だったことから、山川からの依頼で伊藤が揮毫したとの見方もある。文化財としての価値は非常に高く、市教委では「御坊にとって貴重なもの」としている。
写真=木造十一面観音菩薩立像㊤、木造菩薩形坐像㊥、伊藤博文の書「御坊黌」

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る