広がるスマホ決済

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、政府がキャッシュレス化を進めている。最近では「スマホ決済アプリ」に注目が集まっている。スマホ画面に表示されるバーコードを店員に読み取ってもらうことで決済ができるアプリ。最近テレビCMでよく流れているので、すでに導入している人も多いと思うが、筆者も最近になってはじめてみた。

 「~PAY」とつくアプリがたくさんある中、すでに会員になっている楽天の「楽天ペイ」を使用。アプリのダウンロード、クレジットカードの登録など、数分で完了。さっそくコンビニで使ってみたが、支払い時に「楽天ペイで」と言ってバーコードを表示した画面を店員に見せると、すぐに読み取ってくれ、支払いが完了した。キャッシュレスといえば、以前からクレジットカードなどがあるが、店舗にとっては導入費用と決済手数料の高さがネックだった。一方で、最近出回っているスマホ決済アプリの場合は、導入に必要な端末などがクレジットカードより安く、決済時に発生する手数料も3%程度でクレジットカードより少ない。使う方も簡単で、導入する店も小規模店でも導入しやすいコストとなっていることが、注目の理由だろう。

 オリンピックで外国人観光客の増加に対応するために進めているキャッシュレス化だが、日高地方にも観光資源は多く、外国人観光客増加が見込まれる。日高地方の各店でも導入が急がれるところ。ただいまは「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ」など、数多くの決済アプリが乱立状態。どのアプリが主流になるのか、もう少し見極める期間も必要かもしれない。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る