地方議会の活性化を

 ことしは1月の御坊市議選を皮切りに日高町議選、美浜町ダブル選、由良町議選が行われた。

 4つの議員選をみると、立候補したのは現職、新人、元職合わせて51人。年代別でみると20代1人、30代1人、40代6人、50代15人、60代22人、70代5人、80代1人。最も多い60代は全体の3割近くあり、ある程度経済的に余裕がある退職組が多い傾向にある。逆に少ないのは20~40代。若者の政治離れが進んでいるのが要因。全国的にもそうで、地方議員のなり手不足が深刻化している。

 そうなると議員定数削減の話が出てくる。ただ、多過ぎはよくないが、ある程度の人数がなければ議論の幅が狭くなるし、執行部との馴れ合いの恐れも。「十人十色」ということわざがあり、議論の幅を持たせるためには定数10が最少の適正人数だろうか。9人以下になると、その分多様な意見が減るということ。北山村は近く現行の定数6から全国最少の5に減らすそうで、少ない人口規模からみれば仕方ない面もあるのだが…。いずれにしても若者がもっと政治に関心を持ってどんどん出馬してくれるようなまちづくりに期待。若者ならではのアイデアや行動力が必要だ。

 半面、今回の選挙で驚いたのは86歳の元職や70代の新人が立候補し、当選したこと。高齢者の知恵や経験はまちの発展に大いに役立つし、高齢者の意見を行政に届けるには、高齢者自らするのが一番いい。人生100年時代と言われる中で、議場で活躍する元気なお年寄りは、他の高齢者の見本にもなるかもしれない。賛否両論あると思うが、若者からお年寄りまでさまざまな意見が飛び交う活発な議会を望む。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る