地方議会の活性化を

 ことしは1月の御坊市議選を皮切りに日高町議選、美浜町ダブル選、由良町議選が行われた。

 4つの議員選をみると、立候補したのは現職、新人、元職合わせて51人。年代別でみると20代1人、30代1人、40代6人、50代15人、60代22人、70代5人、80代1人。最も多い60代は全体の3割近くあり、ある程度経済的に余裕がある退職組が多い傾向にある。逆に少ないのは20~40代。若者の政治離れが進んでいるのが要因。全国的にもそうで、地方議員のなり手不足が深刻化している。

 そうなると議員定数削減の話が出てくる。ただ、多過ぎはよくないが、ある程度の人数がなければ議論の幅が狭くなるし、執行部との馴れ合いの恐れも。「十人十色」ということわざがあり、議論の幅を持たせるためには定数10が最少の適正人数だろうか。9人以下になると、その分多様な意見が減るということ。北山村は近く現行の定数6から全国最少の5に減らすそうで、少ない人口規模からみれば仕方ない面もあるのだが…。いずれにしても若者がもっと政治に関心を持ってどんどん出馬してくれるようなまちづくりに期待。若者ならではのアイデアや行動力が必要だ。

 半面、今回の選挙で驚いたのは86歳の元職や70代の新人が立候補し、当選したこと。高齢者の知恵や経験はまちの発展に大いに役立つし、高齢者の意見を行政に届けるには、高齢者自らするのが一番いい。人生100年時代と言われる中で、議場で活躍する元気なお年寄りは、他の高齢者の見本にもなるかもしれない。賛否両論あると思うが、若者からお年寄りまでさまざまな意見が飛び交う活発な議会を望む。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る