印南の地域資源活用商品 1日から販売

 印南町商工会(中村泰介会長)の地域資源を活用した8つの新商品が、いよいよ1日に発売される。2017年度から、町内の事業者らとともに、開発に取り組み、試行錯誤しながら、完成させた自慢の逸品。地元特産のはちみつ梅酢、しいたけ、真妻わさび、ミニトマト、菊芋が使われており、人気、注目が集まりそうだ。JR御坊駅前の丸仁商店や町内3ゴルフ場で販売する。

 小規模事業者の持続的発展と地域の活性化を目的に、2017年度から中小企業庁の小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業の補助を受け、「印南が誇る『鰹節発祥の地』の地域資源、ええもんつくるでぇ特産品開発事業」として、町内の事業者と協同で新しい商品の開発に取り組んだ。

 新商品は、㈱いなみの里梅園(西ノ地)の「梅干屋のだしポン酢(まろやか・さっぱり)」、㈱ワークメイト(印南)の「椎茸だし」、稲田商店(島田)の「真妻わさび葉寿司」、小江若子さん(上洞)の「トマトジャム」、奥真妻活活倶楽部(同)の「真妻わさび金山寺みそ」、こだわり野菜SHIMIZUFARM(印南)の「はちみつとまと」、㈲浜寿(同)の「菊芋パン」。

 「梅干屋のだしポン酢」は「まろやか」「さっぱり」ともはちみつ梅酢を使い、シイタケ、昆布、厚削りを漬け込んでうまみを凝縮。「まろやか」は甘みたっぷり、「さっぱり」はユズの果汁を入れ、すきっとしたポン酢に仕上げている。「椎茸だし」は印南産のシイタケと厳選した国産原料から作った香り豊かな粉末だし。「真妻わさび葉寿司」はサバのうまみを「印南発祥の真妻わさび」の葉で丁寧に包んだ。

 「トマトジャム」は印南産のミニトマトを使用。フルーティーなトマト本来の味が楽しめる。「真妻わさび金山寺みそ」も国産本わさびの最高品種「印南発祥の真妻わさび」入り。特有の甘みと辛みが味わえる。「はちみつとまと」は印南産「プチぷよとまと」と国産はちみつの農家自家製ディップ。「菊芋パン」は地元の菊芋を使い、もっちりふわふわで「自然な甘さでカラダにも美味しい」とPRしている。 

 1日から、御坊市湯川町小松原の丸仁商店、印南のいなみカントリークラブフジ、古井のラ・グレースゴルフ倶楽部、南谷の紀南カントリークラブに並ぶほか、各事業者それぞれでも販売する。

写真=1日から販売される新商品

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る