南部梅林で味わいまつりにぎわう

 みなべ町晩稲の南部梅林で11日にみなべの特産が試食や試飲できる「味わいまつり」が催され、小雨が降る中も県内外から訪れた約700人の観梅客でにぎわった。梅酒が自由に試飲できる梅酒コレクション、梅料理が振る舞われるキャンペーンなどが展開され、家族連れらが早春のひとときを楽しんでいた。13日現在、花は5分咲き程度で、20日ごろが満開と予想されている。

 梅酒コレクションには町内14業者から32銘柄が出展。ホワイトリカー、日本酒、ブランデー、泡盛などをベースとしたさまざまな梅酒が並んだ。来場者は好きな梅酒を選んで試飲して楽しんだ。大阪市住之江区から訪れた池田美代子さん(63)は6種類の梅酒を味わい、「梅酒が好きで、飲食店などでよく注文しています。昔は自分でもつくりました。味をアレンジしすぎない普通の梅酒がおいしかった」、和歌山市から昨年に続いて来たという飯田佳史さん(64)は「いままでに飲んだことのないような味の梅酒があるのに驚きました」と話していた。

 梅料理キャンペーンでは「梅肉の包み揚げ」「ヘルシーサラダ」「梅肉サンドイッチ」など、梅料理研究会(岩本直子会長)の協力で10品が振る舞われた。来場者は好きな料理を皿に取り、梅の花を見ながら昼食代わりに味わっていた。滋賀県大津市から家族で訪れた会社員大橋正樹さん(45)は「白浜のアドベンチャーワールドの帰りに、初めて立ち寄りました。梅から揚げがとてもおいしかった」と梅料理を満喫していた。このほか冷凍梅を使った梅ジュース体験、備長炭で焼いた目刺しなども振る舞われた。

 この日は小雨で約700人の来場だったが、前日の10日には2084人が訪れた。観梅協会では「花の咲き始めが例年より遅く前半の来場者数は低調だったが、後半に期待したい」と話していた。近年の特徴として、中国などから訪れる外国人が年々増えているという。

写真=梅酒を試飲する観梅客

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る