克服できるものではない

 作家の宮本輝氏は子どものころ、父親のDV、母親のアルコール依存、家業の失敗といった現実から逃げるように、押し入れの中で本を読み耽った。社会人となってから突然、電車の中でパニック発作に襲われた。

 小説家として成功してからも不安神経症は続き、テレビの対談で、「ある日、ふと手が痛くなり、なんの根拠もなく『あ、これは手がんに違いない』と思い込み、真剣に落ち込んだりしました」と笑っていた。

 さすがにこれは大げさだろうが、体の不調を敏感に察知して病院へ行かなければ、重大な病気を早期発見できない。逆に楽観が過ぎれば手遅れになることもあり、人生、適度なネガティブは不可欠だ。

 有名人のがんの公表が続いている。免疫、遺伝子、iPS細胞など新たな治療が続々と登場、進化し、いまや治る時代とはいえ、つきまとう死の恐怖は大きく、日本人のがんに対する反応は変わっているようには感じない。

 多くの人はがんを告知されると、精神的に打ちのめされる。治療に入り、経過が順調でも不安は消えず、考えても無意味だと分かっていても、転移や再発が頭をもたげ、悪い方へばかり思考がめぐる。家族も同じであろう。

 鶴の恩返しや浦島太郎の玉手箱ではないが、人は一つのことを考えてはいけないと思えば思うほど、そのことに意識が向く。がんも考えないようにしようとするほど、逆にそのことで頭がいっぱいになる。

 そもそも、がんは他の病気と同様、完全に予防できない。いったん治った人も克服(勝利)したわけではなく、再発の可能性は一生続く。がんは克服などできない、だれもが抱えるリスクなんだといい意味で開き直れば、少しは気持ちが楽になり、患者を見る目も変わるのでは。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る