健康にいい梅料理の普及を

 「梅は日本人にとってなじみの深い食材だが、料理に使えるとしたら茶漬けやおにぎりぐらい」。そう思っている人も結構多いかもしれない。事実、筆者もみなべ町を担当するまではその程度だった。しかし、アイデア次第で多くの料理に使える。以前、梅酢で漬けた焼き鳥を食べたことがあったが、「あっさりとした味で、これは絶品」とうならされた。あまり知られていないレアな使い方になるが、自作の焼き肉のタレづくりにも活用できるという。作り方は梅干しの果肉が温まる程度に焼き、それをポン酢に加える。さらに豆板醤(トウバンジャン)を入れて完成。実際にこのタレでいつも食べているという住民は「食欲をそそる。病みつきになる」と一押しだ。一度試してみようと思っている▼みなべ町では梅の消費低迷を打開しようと、梅を使った料理の普及に取り組んでいる。レシピ本「31日の梅レシピ」も発刊。町内の料理グループらも製作に関わり、31品の料理が掲載された。監修したフードスタイリストの飯島奈美さん(東京)は「調味料としても活用できる。ぜひ、家庭でつくって」と話した▼10日には高校生の梅料理コンテスト「UME―1フェスタin梅の里~第4回グルメ甲子園~」が開かれた。県内外から15校23チームの応募があり、書類選考で選ばれた10チームが出場。いろんな料理に梅が使用され、若者の発想の柔軟さには感心させられた▼しかしながら、梅料理はまだまだ全国的に普及していない。理由の一つには、梅料理を扱っている飲食店があまりにも少ないからではないだろうか。梅の本場のみなべ町でもあまり見当たらない。手軽に作れるレシピは増えている。今後はそれを食べられる店が増えていくことを期待したい。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 家族仲よく「和」の1年に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る