健康にいい梅料理の普及を

 「梅は日本人にとってなじみの深い食材だが、料理に使えるとしたら茶漬けやおにぎりぐらい」。そう思っている人も結構多いかもしれない。事実、筆者もみなべ町を担当するまではその程度だった。しかし、アイデア次第で多くの料理に使える。以前、梅酢で漬けた焼き鳥を食べたことがあったが、「あっさりとした味で、これは絶品」とうならされた。あまり知られていないレアな使い方になるが、自作の焼き肉のタレづくりにも活用できるという。作り方は梅干しの果肉が温まる程度に焼き、それをポン酢に加える。さらに豆板醤(トウバンジャン)を入れて完成。実際にこのタレでいつも食べているという住民は「食欲をそそる。病みつきになる」と一押しだ。一度試してみようと思っている▼みなべ町では梅の消費低迷を打開しようと、梅を使った料理の普及に取り組んでいる。レシピ本「31日の梅レシピ」も発刊。町内の料理グループらも製作に関わり、31品の料理が掲載された。監修したフードスタイリストの飯島奈美さん(東京)は「調味料としても活用できる。ぜひ、家庭でつくって」と話した▼10日には高校生の梅料理コンテスト「UME―1フェスタin梅の里~第4回グルメ甲子園~」が開かれた。県内外から15校23チームの応募があり、書類選考で選ばれた10チームが出場。いろんな料理に梅が使用され、若者の発想の柔軟さには感心させられた▼しかしながら、梅料理はまだまだ全国的に普及していない。理由の一つには、梅料理を扱っている飲食店があまりにも少ないからではないだろうか。梅の本場のみなべ町でもあまり見当たらない。手軽に作れるレシピは増えている。今後はそれを食べられる店が増えていくことを期待したい。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る