ヤナギヤがモリンガ入り食パン販売

 御坊市薗、お菓子とパンの店ボナペティヤナギヤ(宮所忠喜代表)が16日から、スーパーフードとして近年注目されている植物「モリンガ」を使った新商品、モリンガ入り食パン「緑の恵み」を発売する。

 モリンガはワサビノキ科ワサビノキ属の植物で、学名「モリンガ・オレイフェラ」。熱帯・亜熱帯に生育し、インドの古典医学書「アーユルヴェーダ」にも病気予防に有効と記されている。19種類の必須アミノ酸、鉄分、カルシウム、ビタミン群、ポリフェノール等90種類以上の栄養素が含まれる。花、実、葉、根などすべて食べられるが、特に葉の栄養価が高い。

 宮所さんは昨年11月、モリンガを取り扱う紀州アグリプラス(日高川町小熊)の事業執行責任者的場信夫さんから「モリンガを使ったパンを作れないか」と提案を受け、商品化に取り組んできた。食べておいしく、しかも栄養分を損なわないように配分など工夫しながら試作を続け、今月に入って完成。淡い緑でほんのり苦みがあり、焼くとその苦みが香ばしく、おいしく食べられる。

 モリンガはフィリピンや台湾では栄養価の高い食品として昔からよく食べられている。日本ではまだサプリメントや青汁以外の利用例は少ないが、少しずつ関心が高まりつつあるという。

 宮所さんは「私自身60歳になり、健康への関心がより高まってきたところでした。これまでにも生産者の方から依頼を受けて野菜とのコラボレーションパンを作ってきましたが、このモリンガは特にアンチエイジングに効果があるとされる抗酸化物質を多く含み、食パンとして毎日食べていただくことで少しでも健康維持・増進のお手伝いができればと思っています」と話している。販売価格は1斤300円(税別)。

写真=モリンガが入った新商品「緑の恵み」

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る