ヤナギヤがモリンガ入り食パン販売

 御坊市薗、お菓子とパンの店ボナペティヤナギヤ(宮所忠喜代表)が16日から、スーパーフードとして近年注目されている植物「モリンガ」を使った新商品、モリンガ入り食パン「緑の恵み」を発売する。

 モリンガはワサビノキ科ワサビノキ属の植物で、学名「モリンガ・オレイフェラ」。熱帯・亜熱帯に生育し、インドの古典医学書「アーユルヴェーダ」にも病気予防に有効と記されている。19種類の必須アミノ酸、鉄分、カルシウム、ビタミン群、ポリフェノール等90種類以上の栄養素が含まれる。花、実、葉、根などすべて食べられるが、特に葉の栄養価が高い。

 宮所さんは昨年11月、モリンガを取り扱う紀州アグリプラス(日高川町小熊)の事業執行責任者的場信夫さんから「モリンガを使ったパンを作れないか」と提案を受け、商品化に取り組んできた。食べておいしく、しかも栄養分を損なわないように配分など工夫しながら試作を続け、今月に入って完成。淡い緑でほんのり苦みがあり、焼くとその苦みが香ばしく、おいしく食べられる。

 モリンガはフィリピンや台湾では栄養価の高い食品として昔からよく食べられている。日本ではまだサプリメントや青汁以外の利用例は少ないが、少しずつ関心が高まりつつあるという。

 宮所さんは「私自身60歳になり、健康への関心がより高まってきたところでした。これまでにも生産者の方から依頼を受けて野菜とのコラボレーションパンを作ってきましたが、このモリンガは特にアンチエイジングに効果があるとされる抗酸化物質を多く含み、食パンとして毎日食べていただくことで少しでも健康維持・増進のお手伝いができればと思っています」と話している。販売価格は1斤300円(税別)。

写真=モリンガが入った新商品「緑の恵み」

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る