スマホより周囲の安全

 先日、御坊市内で車の前輪が側溝にはまってしまった。車同士で対向するのがやっとの道で、前から車が来たので避けようと左に寄ったところ、側溝にかぶせられていた鉄製のふたがずれ落ち、そのまま脱輪。夜道の運転で、しっかり安全確認したにも関わらず、起きてしまった事故だった。

 そんななか、対向車を運転していた男性が降りてきてくれ、一緒に脱出を手伝ってくれた。バックし、Uターンして放っておくこともできただろう。本当にありがたく、落ちてしまったショックをやわらげ、余りある優しさだった。けがもなかったし、車も大したことなくて、「これで済んでよかった」と、ポジティブに考えるようにしている。

 さて、警察庁が昨年末、携帯電話やスマホを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、罰則強化と反則金の引き上げを行う方針を固めた。公表された道交法改正試案によると、ながら運転は現行の「5万円以下の罰金」が「6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金」、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合「3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に。反則金の限度額は車種ごとに、それぞれ現行の5倍になるようだ。

 「歩きスマホ」に「自転車スマホ」…ほかにも最近、さまざまな場面で「ながらスマホ」を見かけるようになった。痛い目に遭わないと分からないではなくその前から気をつけよう。しっかり安全を確認したつもりでも不十分なこともある。スマホの画面よりも周囲の安全。助けてくれた男性のように、思いやりが事故を減らす第一歩になる。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る