アンサンブル響香が全国大会へ

 今月3日に県立図書館メディアアートホールで開かれた第5回ヴォーカルアンサンブルコンテスト(県合唱連盟主催)の一般の部で銀賞を受賞し、初の全国大会出場を決めたアンサンブル響香の宮本太源代表ら3人が15日、柏木征夫御坊市長を表敬訪問した。

 一般の部には県内の12団体が出場。金賞は該当がなく、銀賞に選ばれた6団体の中で最も優秀だったアンサンブル響香が全国切符を獲得した。

 アンサンブル響香は御坊日高の20人がメンバーで、御坊市を拠点に活動。県コンテストは宮本さんが指揮、団員18人、ピアノ伴奏1人の20人で臨み、2曲を演奏した。1曲は16世紀にパレストリーナが作曲したミサ曲より「グローリア」、もう1曲は現代音楽の日本人作曲家・周藤諭作曲の同じくミサ曲より「グローリア」。いずれもラテン語の同じ歌詞だが、曲風の全く違う2曲を披露し、4カ月間励んだ練習の成果を見事に発揮。第2回から出場して4年連続銀賞で、これまではあと一歩で全国出場を逃していたが、ようやく念願かなった。

 柏木市長には宮本代表、中田昌子さん(ソプラノ)、駒場一仁さん(テノール)の3人が訪問。宮本さんは「うちの自慢は、20人のメンバーは皆、音楽を専門にやっていたわけではなく、仕事をしながら練習に励んでいるところ」と紹介。柏木市長は「風邪をひいてはいけないので、体調管理に気を付けて頑張ってきてください」と激励した。

 全国大会は3月23日に福島市で開かれる。宮本代表らは「全国はレベルが高いですが、本番までもっと練習して、自分たちの個性を出して来場者の印象に残る演奏をしてきたい。全国のすごさを肌で感じ、御坊日高に持って帰ってきてレベルアップにつなげたい」と抱負を語った。

写真=柏木市長を訪問した宮本さん、中田さん、駒場さん(左から)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る