アマゴ釣り解禁まで1週間

 レジャーは計画の段階から楽しい。例えば、旅行の時はパンフレットを見ながら行き先を考えたり、名所や名物を調べたりするだけでワクワクした気分になる。行く前から「こういう風景を見てみたい」「こんなおいしそうな物も食べてみたい」と想像を膨らませる。しかし、実際に行ってみると「こんなもんか。イメージとは全く違う」とがっかりするケースも多々ある▼筆者の趣味の釣りも同じだ。釣行の前は「どのポイントに行こうか」「仕掛けはどうしよう」などと考えながら入念に釣り具をチェックする。準備段階から釣りが始まっている感じで、気持ちが高ぶるひとときでもある。しかし、いざ釣りを始めると、想像した通りには進むはずもなく、貧果に終わってしまう場合が多い。「きょうも惨敗だったか」と帰路に向かうことも▼3月1日は日高川のアマゴが解禁する。楕円形のパーマークと呼ばれる模様と赤い斑点が特徴。その魚体の美しさから「渓流の女王」という異名もある。しかし、釣りのターゲットしては警戒心が強く手ごわい相手だ。昨年から本格的に始め、自然の中で釣りをする楽しさにのめり込んでしまった▼昨年のシーズンには、釣行の時は夜明け前に目覚ましをセットし、おにぎりを持って田辺市龍神村まで出かけた。現場に着くとまだ暗い時が多かったが、車の中で明るくなるのを待って川へ。気合が入っていた割には全体的に釣果は乏しく、敗北感が強いシーズンだった。それだけにことしにかける意気込みは強い▼待ち遠しいアマゴ釣りまであと1週間。解禁までは釣りをイメージしながら仕掛けづくりなどを行うことになるが、この準備期間が最も楽しいひとときにならないことを願いたい。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る