はやぶさ2に夢広がる

 2014年12月、種子島から打ち上げられた日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が、目的地のリュウグウに無事着陸した。イトカワから岩石の微粒子を持ち帰った初代はやぶさは、多くのトラブルに見舞われたが、今回は順調だ。

 日高川町出身、JAXA特任教授ではやぶさプロジェクトにかかわった圦本尚義さんが昨年12月、同町和佐のかわべ天文公園で行った講演で、はやぶさ2について解説していたが、今回の探査の目的は生命の誕生だそうだ。とりあえずは、地球から32億㌔離れた小惑星に3年半かけて無人で旅をさせ、ピンポイントで着陸させた日本の科学技術に拍手を送りたい。小惑星の地表にいるのは数秒ほどで、その間に砂や岩などのサンプルを採取。着陸は合計3回行う。ことしの年末にはリュウグウを離れて、約1年で地球に帰還できる見通し。いずれの行程も無事を願っている。

 46億年前の太陽系誕生直後、地球などの惑星は天体が衝突した際のエネルギーで高温になって地表が溶け、原始の状態が失われたが、惑星になり損ねた小惑星は原始の状態が残ったとされる。つまり地球には生命の材料となるアミノ酸などの有機物はなかったが、有機物を含んだ小惑星などが地球に落下して生命の源を届けたという説が有力。はやぶさ2が持ち帰るリュウグウのサンプルを調べれば、その検証につながるというのだ。

 果たして地球に生命の源を届けたのはどこから飛んできた小惑星? もはや人類も宇宙人? 生命誕生のカギが小惑星なら、広い宇宙に別の生命体も存在しているの? 子どもっぽい夢の話ではない。宇宙へのロマンは無限に広がる。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る