「期待」を「現実」に

 去る10日投開票の美浜町長選で、籔内美和子氏(56)=浜ノ瀬=が初当選を飾り、「県内初の女性首長」が間もなく誕生する。

 県内の首長選では女性候補自体が珍しいが、現職の分厚い壁を破って当選を果たした。男性が当たり前に感じることでも女性は不快、ハラスメントと受け取る場合があり、そんな部分を少しでも改善しようとすれば異性の目線が必要。女性ならではの感性で行政運営すれば、また違った施策が行われる可能性も高く、周辺市町にも新しい風を吹き込んでくれると思う。サッカー・ワールドカップの日本代表やメジャーリーガーの日本人選手もそうだが、一度出場、活躍すれば何年か後にはそれが当たり前になり、今回の選挙で女性候補、女性首長が新たな一歩を踏み出した意義はものすごく大きい。

 2677票対2166票、511票差の決着。何が明暗を分けたのか振り返ってみると、一番大きかったのは「期待」だ。同じ福祉施策を公約に掲げていても、実際に子育て経験のある女性が訴えると説得力が増すのかもしれない。財政厳しい中、「より細やかな施策に取り組んでくれるのでは」「違ったやり方で町をよくしてくれるのでは」。そんな有権者の期待の声もあちらこちらで聞かれた。

 「期待」は目には見えない、ぼんやりしたもの。新町長は4年間で、訴えたことを目に見える、体で感じられるものにして、有権者の思いに必ず応えなければならない。人の心は一瞬で様変わりし、当てが外れたとなると、あっという間に失望に変わってしまう。相手候補に入った票についても真摯に受け止め、行政に生かすことが重要であり、「ノーサイド」の精神も忘れてはならない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る