「思いは熱く、頭は冷静に」

 JAXAが6日、探査機「はやぶさ2」を今月22日に小惑星リュウグウへ着陸させると発表した。当初は昨年10月に予定されていたが、あまりにも表面に凹凸が多く、着陸可能なポイントを探していたのだ◆昨年12月に日高川町のかわべ天文公園で行われた北海道大学大学院理学研究員教授、圦本尚義さんの講演で状況が説明され、「1月下旬ごろには着陸できるかもしれない」と聴いていたので、今か今かと待っていた◆小学校の図書室で「星の一生」という本を借りて以来、星や宇宙が好きになった。載っていた写真は今も目に浮かぶ。暗い宇宙空間にほんのり明るい淡紅色のばら星雲、青白色に輝くすばる星団、そして黒い大海に白い光の砂を大量にばらまいたような、見開きのページいっぱいに広がる銀河◆リュウグウは直径900㍍ほどのほんの小さな小惑星だが、はやぶさの目的地だったイトカワと違ってずっとゴツゴツしている。岩の一つには「オトヒメ」、クレーターには「モモタロウ」「キビダンゴ」などの名が付いているそうだ。発表によると、着陸を試みるポイントは直径6㍍ほど。はやぶさ2は太陽光パネルを広げると幅6㍍になる。着陸の困難さが思いやられる。「着陸」とはいってもそこでゆっくり滞在するわけではなく、その地点にとどまるのはわずか数秒。弾丸を撃ち込んで舞い上がった砂や岩の破片を採取し、即座に離れる。全国紙の記事では、JAXAのプロジェクトマネジャー津田雄一氏は「思いは熱く、頭は冷静に」成功させたいと述べていた◆極めて精度の高いコントロールを求められるプロジェクト。冷静な頭はもちろんだが、ハイレベルなミッションを可能にしていく原動力は、スタッフの心底に星雲のように渦を巻く熱い思いなのだろう。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る