「女神たちの音楽会」を堪能

 御坊市民文化会館自主事業、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト公演「女神たちの華麗なる音楽会」を取材した。「きょうはいい音楽を楽しんで頂きたい」とテレビでおなじみの毒舌は封印してのコンサートだった◆高嶋さんの選曲の基準は2点。①みんなが知っている曲を弾く②5分以内の曲を弾く。クラシックに詳しいわけでもない一般の人が心からコンサートを楽しめるようにとの気配りで、その意図はプログラム全体に表れていた◆ブラームスの子守歌等のソロ演奏に続き、パッヘルベル「カノン」で11人のヴァイオリニストが登場。半円を描くように高嶋さんを囲み、合わせて「12人のヴァイオリニスト」が勢ぞろいした。10曲の有名なクラシック曲を1分弱ずつ集めた「クラシックメドレー」、ディズニーアニメ曲を集めた「プリンセスメドレー」と観客を一時も飽きさせない。高嶋さんに代わって「12人」のメンバーが1人ずつ司会する「お楽しみコーナー」では、弦を指で弾いて音を出すピッチカート、音を震わせて豊かな表情をつけるビブラート等さまざまな奏法を紹介。「超絶技巧」と呼ばれる奏法を高嶋さんに実演してもらうなど、観客の目と耳を舞台に釘付けに。ハンドベルのようにメンバーが1人1音を受け持つコーナーでは、失敗した人から抜けていくルール。タイミングがずれたり音がはずれるとステージも客席も笑いが爆発。居眠りする姿などまったくみられない◆クラシック=難解、退屈というイメージが一般的にあるなら、それを吹き飛ばすのは非常に有意義なこと。どんなジャンルにも多彩な作品があり、ジャンルで好き嫌いを決めるのはもったいない。クラシックという豊かな世界への入り口を大きく開く、充実したひとときであった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る