「バカ売れ」の秘訣

 美浜町商工会で、実践型セミナー「バカ売れキャッチコピー作成実践講座」が開かれた。ネットショップコンサルタントを講師に招き、「商品やサービスの売り上げアップにつながる効果的なキャッチコピーを作るスキル」などをテーマに指導を受けた。

 消費者目線ではそんなに感じたことはないのだが、プロの立場からするとキャッチコピーの役目は「よいキャッチコピーがないと、お客さまに選んでもらえない。売り上げが期待できない。お客さまに選んでいただくために、キャッチコピーの良しあしが問われる」と非常に重要。素晴らしい商品、製品を作り出すだけが、商売繁盛、成功の秘訣ではないのだ。例え話が分かりやすい。ペットボトル入りのお茶。ラベルも包装もない、透明の容器に中身だけの状態で販売されていたとすると、百数十円のお金を払って買いますか。ほとんどの人が、迷うだろう。見た目がよい洗練されたデザインのラベルに購買意欲がかき立てられるほか、健康志向が高い現代では「体脂肪を減らすのを助ける」などのキャッチコピーにひかれて商品を手に取るケースも多いのではないだろうか。お茶以外でも、30、40、50代と年齢を重ねると、とかく「糖質0」「減塩」などの文字に目がいくという経験はほとんどの人にあると思う。

 地方では、特に新鮮な農作物や魚介類の商品、またその加工品づくりにおいては、都会にそんなに引けをとらない。ただ、商品、製品のブラッシュアップ(磨きをかける)となると、情報や人材不足もあって劣っているように感じる。付加価値にも大きく関わる「バカ売れ」する売り方の秘訣を官民でもっと学ぶ必要がある。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る