U12バスケ 木本選手が近畿育成メンバー入り

 日本バスケットボール協会が将来有望な選手を集めてトレーニングするU12近畿ブロック育成センターの男子参加メンバーに、日高地方から唯一、御坊BBCjrのガード・木本凰獅(おうし)選手(御坊小6年)が選ばれた。木本選手は27日に京都府舞鶴市で開催される練習会に参加。近畿トップレベルの選手たちとともにさらなるレベルアップを目指す。

 国内バスケのレベル向上と低年齢からの一貫した指導計画による優秀な選手の発掘・育成を目的に開かれている。全国10ブロックで開催され、近畿は2府4県から選りすぐりの男女各24選手が参加。技術の向上を図る。県内からは各チームの推薦を受けて、県育成センターに参加している男女各約40人の中から、昨年秋の大会や練習会でのプレーを基に4人ずつ選出された。

 小学4年から現在の所属チームでバスケを始めた木本選手は、身長143㌢と小柄ながら抜群のスピードを誇るガード。ドリブルのテクニックに定評があり、高いシュート精度も持ち合わせる。御坊BBCjrでは主将を務めており、練習や試合中は誰よりも大きな声で、指示を出したりメンバーを鼓舞。バスケを始めたころから、時間があればシュート練習を行い、昨年からはジムに通って体幹や筋力トレーニングにも励んでいる。

 将来の夢はプロの選手。近畿育成センターへ「ちょっと緊張するけど、いろんなプレーを勉強してきたい。キープするドリブルには自信があるので、何人にプレッシャーをかけられても抜ける突破力を身につけたい」と向上心を持って抱負を語っており、御坊BBCjrの狩谷勝監督も「背の高い子が多く集まるなかだが、持ち前のスピードやドリブルのうまさを発揮して頑張ってきてほしい。県内ナンバーワンプレーヤーだと思っている。プレッシャーに負けず多くを吸収し、今後の飛躍の糧にしてほしい」とエールを送っている。

写真=日高地方で唯一選出の木本選手

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る