4Hクラブ連プロジェクト発表

 日高地方4Hクラブ連絡協議会(柏木研哉会長)と日高振興局農林水産振興部が主催する日高地方青年農業者会議は22日、印南町の公民館で開かれ、プロジェクト発表で印南町4Hクラブの新谷力さん(29)が最優秀賞に輝いた。


 御坊市、印南町、みなべ町の各メンバーがプロジェクトや意見を発表。普及指導協力委員らが「課題」「計画」「実施」「反省・評価」「発表」の5項目で審査した。


 新谷さんは「印南の農業をつなげたい~印南町4Hクラブの挑戦~」をテーマに、昨年取り組んだ農業紹介授業について発表。農業の後継者減少に着目し、地元の子どもたちに興味をもってもらおうと清流中、清流小の2校で農業を紹介する授業を行った。中学校ではフラワーアレンジ体験、小学校では花束づくりも実施。メンバーから「このような活動は継続しないと意味がない」「子どもたちが農業に興味を持つためには、まず私たち自身が夢を与えられる農業者にならなくてはならない」という意見があったとして、「最初は単純に子どもたちに農業の魅力を伝えたいという気持ちでしたが、やってみると、活動の継続性、経営改善の実践という課題が見えてきました。これらの課題の解決と印南農業の継承に挑み続けることが印南町4Hクラブの挑戦です」とまとめた。


 新谷さんのほか、みなべ梅郷クラブの井出慎太郎さん(28)は「ズバイ~棄てられていた枝を有効活用して地域の強みに~」、御坊市4Hクラブの堀昇平さん(28)は「スターチス栽培における固化培地苗の利用」と題して発表。3人は31日に有田川町の金屋文化保健センターで開かれる県大会へ出場する。


 会議では研修会も開催。日高振興局農業水産振興課技師の菊地悠太さんから、農作業事故の防止について対策を聞き、安全意識を高めた。

写真=県大会に出場する3人(左から堀さん、新谷さん、井出さん)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る