110番は適正に

 10日の「110番の日」に合わせ、御坊署は御坊市のオークワロマンシティ御坊店前とJR御坊駅前で、関係の民間ボランティア団体とともに啓発活動を展開した。2018年中の県内総受理件数は7万3020件で前年と比べて2974件増加。いたずら、間違い、無応答(無言)など非有効の件数も1万3234件で3393件増えており、110番通報の適正利用に協力を求めている。

 御坊駅前では署員と駅前交番連絡協議会のメンバーが参加し、啓発用のチラシやティッシュを配布。「いたずらをしないように」など110番通報の適切な利用を呼びかけ、警察相談窓口電話の利用を訴えた。

 昨年1年間の県内受理は一日平均約200件。前年より8件増えており、約7分11秒に1件の割合となっている。通報内容で最も多かったのは交通事故関係で2万937件(28・7%)。次に要望・苦情・各種情報提供が1万3007件(17・8%)で続いた。刑法犯の刑事事件は1830件(2・5%)。軽犯罪、口論、駐禁、火災等その他事件・事故は7422件(10・2%)、泥酔者・行方不明者・迷子等の保護関係は3344件(4・6%)だった。

 非有効のうち、いたずらが4603件(全体の6・3%)で前年比2536件(122・7%)増加。間違い電話も3962件(5・42%)で138件(3・6%)、無応答も2091件(2・86%)で232件(12・5%)増えている。

 御坊署管内の総受理件数は3248件。いたずら、間違い、無応答など非有効は908件で、県内全体と比べて割合が高くなっている。110番通報は①何があった②どこであった③いつ④犯人⑤今どうなっているか⑥住所・名前・電話番号――の順番に伝えるのがポイント。小笹和人地域課長は「110番は事件や事故のときの緊急時専用電話。落ち着いて通報してください。いたずらや間違いがあると、事件や事故による緊急の110番につながりにくくなり、犯人の検挙や被害者の救護の妨げになる恐れがあります。慌てない問い合わせや相談は御坊署(℡0738―23―0110)、警察相談専用電話(♯9110)、警察相談窓口(℡073―432―0110)を利用してください」と求めている。

写真=チラシを配って啓発

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る