鶴の湯温泉 羽を休めにいらっしゃい

 もうすぐ梅林が開園しますね。梅林に出かけた際、ぜひ立ち寄って欲しいのが、梅と備長炭の郷「鶴の湯温泉」。

 鶴が羽根を休め、傷を治したと伝えられることから名づけられた鶴の湯温泉は、古くは江戸時代から湯治場として近郷の人々に親しまれ、静かな山あいの温泉情緒を満喫できる湯宿として人気。鉄分を多く含む黄褐色の湯は、疲労回復に効果的と言われています。天然温泉のかけ流しで、特に露天風呂から望む谷間の景色は心がほんのり癒やされます。寒いこの季節、冷えきった体を芯からあたためてくれるはず。

 またレストランでは、さまざまな定食が楽しめます。いまの時季しか味わえない「鮎の釜めし定食」(1296円)は、一度焼いた鮎と山菜を炊き上げています。鮎の香ばしい香りがする自慢の逸品です。

 温泉に入ってゆったりと体を温めたあとに、レストランでおいしい食事はいかがでしょう。

写真=梅林の帰りにぜひお立ち寄りを

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る