頼りない人間の感覚

 新春恒例のバラエティー番組「芸能人格付けチェック2019お正月スペシャル」(朝日放送テレビ)が面白かった。有名芸能人が一流のモノ、音楽、サービス、食材を見分けられるか、2、3択にチャレンジする内容で、音楽などは視聴者も一緒に参加できるため毎年楽しみにしている。無敗の55連続的中の記録があるミュージシャンもいて、時には感心させられる。

 ことしは「ワイン」「四重奏」「味覚」「オーケストラ」「盆栽」「牛肉」の6つのチェックがあった。1本5000円と一流ホテルなら1本100万円もするワイン、総額35億円以上と初心者用などの楽器で奏でられる四重奏、最高食材の料理と普通・絶対間違えるはずのない食材の料理、プロとアマのオーケストラ、1億円とお菓子の盆栽、神戸牛とスーパーの肉をそれぞれ比べ、「一流」「最高」を選んだ。

 大御所と呼ばれ、贅沢な暮らしをしていそうな芸能人でも間違えることが多く、そこが笑いを誘うところなのだが、同時に思うのが、人間の感覚なんてものは本当に当てにならないということだ。いつもなら高級なワインや肉はそれに見合った場所やサービスの下で味わうし、音楽にしても生演奏ならそうなるだろう。スタジオという空間で、目隠しなどで一部の感覚が制限されるなどの状況の中では、よほどの人でないと、かけ離れた価値でも区別がつかないケースが出てくる。

 視、聴、嗅、味、触の五感。一つだけでは頼りない。記者の仕事をするのなら現場で聞いて、見て、調べて、体験して。全感覚を総動員するようにしなければと、あらためて肝に銘じたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る