頼りない人間の感覚

 新春恒例のバラエティー番組「芸能人格付けチェック2019お正月スペシャル」(朝日放送テレビ)が面白かった。有名芸能人が一流のモノ、音楽、サービス、食材を見分けられるか、2、3択にチャレンジする内容で、音楽などは視聴者も一緒に参加できるため毎年楽しみにしている。無敗の55連続的中の記録があるミュージシャンもいて、時には感心させられる。

 ことしは「ワイン」「四重奏」「味覚」「オーケストラ」「盆栽」「牛肉」の6つのチェックがあった。1本5000円と一流ホテルなら1本100万円もするワイン、総額35億円以上と初心者用などの楽器で奏でられる四重奏、最高食材の料理と普通・絶対間違えるはずのない食材の料理、プロとアマのオーケストラ、1億円とお菓子の盆栽、神戸牛とスーパーの肉をそれぞれ比べ、「一流」「最高」を選んだ。

 大御所と呼ばれ、贅沢な暮らしをしていそうな芸能人でも間違えることが多く、そこが笑いを誘うところなのだが、同時に思うのが、人間の感覚なんてものは本当に当てにならないということだ。いつもなら高級なワインや肉はそれに見合った場所やサービスの下で味わうし、音楽にしても生演奏ならそうなるだろう。スタジオという空間で、目隠しなどで一部の感覚が制限されるなどの状況の中では、よほどの人でないと、かけ離れた価値でも区別がつかないケースが出てくる。

 視、聴、嗅、味、触の五感。一つだけでは頼りない。記者の仕事をするのなら現場で聞いて、見て、調べて、体験して。全感覚を総動員するようにしなければと、あらためて肝に銘じたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ドリブルからシュート!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る