相手の話を聞く力の大切さ

 人間は他の人に情報を伝えることができる。その手段としては文字であったり映像であったりするが、日常の大部分は会話になるだろう。そこには話し手と聞き手のコミュニケーションがある。話し上手や聞き上手と言われる人もいるが、どちらか一方が素っ気ない態度をとれば相手に嫌な思いを与えてしまう。そうなれば円滑なコミュニケーションは図れない▼2004年から昨年末まで15年間にわたって人権擁護委員を務めたみなべ町山内の原田武俊さん(77)。昨年10月には法務大臣表彰も受けた。人権相談では住民からの悩みの解決に力を注ぐなど積極的に取り組んだ。去る18日に町役場で感謝状の伝達式があり、他の人権擁護委員や小谷芳正町長らと歓談した。原田さんはこれまでの活動を振り返り、「相談を親身になって聞くことに一番力を入れた。相談者が悩みを打ち明けるだけですっきりとした気分になって帰っていくということも多々あった。問題解決には聞くことが大切だ」と話していた▼昔と比べ、今の時代は向き合って会話するというコミュニケーションが不足しているのではないか。家庭では夫婦共働きの核家族が増加し、場合によっては家族そろって食事ができないケースもあるだろう。加えて、スマートフォンの普及で、家族が一緒にいてもそれぞれが自分の携帯画面を見ていることもあるのではないか。友達同士が集まっても会話せずに携帯をいじっている光景もよく目にする▼凶悪犯罪がよく報道されるが、犯罪者が育ってきた環境に問題のある場合も多い。自分の悩みを誰かに打ち明けるという機会が少なく、誰にも分かってもらえない。その対処にはやはり悩みを持つ人の話を誰かが聞いてあげること。いま、その力が求められている。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る