盲目の歌手新垣さんの講演

 2018年度市民教養講座最終回の講師は、沖縄出身のテノール歌手、新垣勉さん。沖縄駐留の米兵でメキシコ系アメリカ人の父、日本人の母の間に誕生。母は当時10代で、母方の祖母に育てられた。父とは会ったこともない。生まれて間もなく事故で視力を失った◆テーマは「ひとつのいのち ささえることば」。周囲の人がくれるメッセージ(言葉)が人生を左右する。新垣さんの人生を決めた決定的な言葉は、歌のオーディションを受けた時ボイストレーナーに言われた「その歌声はお父さんのプレゼントだ」という言葉だったが、もっと幼い小2の時にもらった言葉も講演では紹介された。唱歌「シャボン玉とんだ」を階名(ドレミ)でうたえるように覚えなさい、という宿題が出たが、忘れて怒られた。しょげていると近所の高校生が「教室のオルガンを、時間がある時いつも『ドレミファソラシド、ドシラソファミレド』と弾いてごらん」。言う通りにすると、どんな歌をきいても階名がわかるようになった。絶対音感の獲得である◆高校時代、教会の牧師に「大きくなったらアメリカへ行って父を殺してやりたい」と思いを吐露したという。笑顔にそぐわない激しい言葉にハッと胸を衝かれた。その時何も言わず泣いてくれた牧師も、大事なメッセージをくれた一人。父に背負わされた重荷を、その父から受け継いだ明るい響きの歌声が取り払ってくれた。その考えを受け入れられたのは、幼い心に自信の源を与えてくれる人がいたことも大きいのではないか◆「帰れソレントへ」「潮来笠」「星のフラメンコ」「アメージング・グレイス」。環境による悲しみから解放され、自由な表現力を得た新垣さんの歌声は、どこまでも突き抜けていくように伸びやかだった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る