盲目の歌手新垣さんの講演

 2018年度市民教養講座最終回の講師は、沖縄出身のテノール歌手、新垣勉さん。沖縄駐留の米兵でメキシコ系アメリカ人の父、日本人の母の間に誕生。母は当時10代で、母方の祖母に育てられた。父とは会ったこともない。生まれて間もなく事故で視力を失った◆テーマは「ひとつのいのち ささえることば」。周囲の人がくれるメッセージ(言葉)が人生を左右する。新垣さんの人生を決めた決定的な言葉は、歌のオーディションを受けた時ボイストレーナーに言われた「その歌声はお父さんのプレゼントだ」という言葉だったが、もっと幼い小2の時にもらった言葉も講演では紹介された。唱歌「シャボン玉とんだ」を階名(ドレミ)でうたえるように覚えなさい、という宿題が出たが、忘れて怒られた。しょげていると近所の高校生が「教室のオルガンを、時間がある時いつも『ドレミファソラシド、ドシラソファミレド』と弾いてごらん」。言う通りにすると、どんな歌をきいても階名がわかるようになった。絶対音感の獲得である◆高校時代、教会の牧師に「大きくなったらアメリカへ行って父を殺してやりたい」と思いを吐露したという。笑顔にそぐわない激しい言葉にハッと胸を衝かれた。その時何も言わず泣いてくれた牧師も、大事なメッセージをくれた一人。父に背負わされた重荷を、その父から受け継いだ明るい響きの歌声が取り払ってくれた。その考えを受け入れられたのは、幼い心に自信の源を与えてくれる人がいたことも大きいのではないか◆「帰れソレントへ」「潮来笠」「星のフラメンコ」「アメージング・グレイス」。環境による悲しみから解放され、自由な表現力を得た新垣さんの歌声は、どこまでも突き抜けていくように伸びやかだった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る