東京五輪テーマの大河が放映開始

 58作目のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」がスタートした。「あまちゃん」等を手がけたクドカンこと宮藤官九郎の脚本で注目される◆日高地方の住民としては、「東京にオリンピックを呼んだ男」である御坊市名誉市民第1号、和田勇が取り上げられるか気になるところだが、それはひとまず置き、とりあえず大河ファンとして第1話を興味深く見た。総集編かと思うほど盛り沢山の内容。よく見ていないと何がなんだかわからなくなるのが難点だが、個人的には大変面白かった◆主人公の中村勘九郎演じる金栗四三がさっぱり姿を見せず、講道館柔道創始者として有名な嘉納治五郎を中心に話は展開する。演じるのは役所広司。嘉納は、五輪が「平和の祭典である」という点に心を動かされ、なんとか日本人を送り込もうと奮闘する。幾多の困難を乗り越えて羽田に競技場を整備し、マラソン予選会を開くが大雨にたたられる。次々と落伍者が出る中、世界記録を塗り替える好タイムでゴールへ駆け込んできた若者こそ、日本初の五輪出場選手・金栗四三であった、というところで次回に続く。日本初のスポーツ愛好会・天狗倶楽部が賑やかに登場した際には「明治の世にこんなにうざくてチャラい輩がいるわけないと思うでしょうが、残念ながら実在したのです」と大河らしからぬ言葉で紹介するなど、コミカルなクドカン節が随所で炸裂している◆登場人物の来歴を調べると、一言で言い尽くせないくらい面白い。近現代史への認識を改めさせるドラマになるかもしれない。扱われるか否かに関わらず、「和田勇の活躍した時代」について知るためにも、このドラマは見ものである。当時を俯瞰する視点を得られる、その意義は大きい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る