東京五輪テーマの大河が放映開始

 58作目のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」がスタートした。「あまちゃん」等を手がけたクドカンこと宮藤官九郎の脚本で注目される◆日高地方の住民としては、「東京にオリンピックを呼んだ男」である御坊市名誉市民第1号、和田勇が取り上げられるか気になるところだが、それはひとまず置き、とりあえず大河ファンとして第1話を興味深く見た。総集編かと思うほど盛り沢山の内容。よく見ていないと何がなんだかわからなくなるのが難点だが、個人的には大変面白かった◆主人公の中村勘九郎演じる金栗四三がさっぱり姿を見せず、講道館柔道創始者として有名な嘉納治五郎を中心に話は展開する。演じるのは役所広司。嘉納は、五輪が「平和の祭典である」という点に心を動かされ、なんとか日本人を送り込もうと奮闘する。幾多の困難を乗り越えて羽田に競技場を整備し、マラソン予選会を開くが大雨にたたられる。次々と落伍者が出る中、世界記録を塗り替える好タイムでゴールへ駆け込んできた若者こそ、日本初の五輪出場選手・金栗四三であった、というところで次回に続く。日本初のスポーツ愛好会・天狗倶楽部が賑やかに登場した際には「明治の世にこんなにうざくてチャラい輩がいるわけないと思うでしょうが、残念ながら実在したのです」と大河らしからぬ言葉で紹介するなど、コミカルなクドカン節が随所で炸裂している◆登場人物の来歴を調べると、一言で言い尽くせないくらい面白い。近現代史への認識を改めさせるドラマになるかもしれない。扱われるか否かに関わらず、「和田勇の活躍した時代」について知るためにも、このドラマは見ものである。当時を俯瞰する視点を得られる、その意義は大きい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る