曽根酒店 立春朝搾り予約受付中

 曽根酒店では、毎年大好評「立春の日(2月4日㈪)の特別限定酒」の予約を受け付けています。720㍉㍑1728円(税込)。注文締め切りは26日㈯で、発売日は2月4日。

 春の始まりを祝うめでたい立春の朝に搾り上がったばかりのお酒をその日のうちにお手元に届ける「立春朝搾り」。ことしは45の蔵元で作られ、「日本名門酒会加盟」の酒販売店でしか購入できない貴重なお酒です(要冷蔵)。

 同店は、奈良県にある今西清兵衛商店「春鹿」と海南市にある中野BC「紀伊国屋文左衛門」の立春朝搾りを販売します。今西清兵衛商店は今宮戎神社、中野BCは藤白神社の神主さんが来てご祈祷をしてくれるので、とても縁起の良いお酒です。家内安全、商売繁盛、無病息災、厄除けに購入する人も多いそうです。また、贈り物にもオススメです。専用箱(有料)もあります。

 「毎年人気の『立春朝搾り』は、私どもが蔵元まで出向き、その日のうちに飲んでいただくため、瓶詰めや出荷作業のお手伝いをし、注文分のお酒を直接蔵から運び出します。朝できたばかりのお酒を夜に飲めるのだから、このうえなく新鮮です。もちろんいっさいの火入れをしない生酒、しかも原酒です。フルーティな香気と、躍動感あふれる生まれたての新酒の味わいが楽しめます。注文分しか持ち帰らないので、確実に入手できるようご予約がオススメです。立春の日の朝の生まれたてのお酒をぜひご堪能ください」。

関連記事

みなべ町成人式2019

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る