日高町議選 新人出馬で選挙戦へ

 29日告示、2月3日投開票が迫る日高町議選(定数11)で、小浦の新人宮本雅文氏(73)=無所属=が23日、出馬を表明。これで現職10、新人2の計12人が立候補の構えで、無投票ムードが一転、1人オーバーの少数激戦が濃厚となった。


 町議選に向けては昨年末まで無投票ムードが漂っており、ことしになって8日朝には一松輝夫議員(69)=阿尾・9期=が引退を表明。この日午後には志賀(柏)の新人湯川克巳氏(61)が名乗りを上げ、定数ちょうどとなっていた。


 宮本氏は比井小学校、日高中学校、日高高校、関西大学経済学部を経て1969年4月から銀行員となり、97年1月に退職。その後、小浦区役員を現在まで16年間務めており、うち2004年から7年間は区長も経験。町区長会長も1年間引き受けた。ほか、地元老人会会長、比井小学校PTA会長、学校評価委員、小学校統合に関する検討懇談会委員など多方面で活躍。そんな中、かねて町行政に関心があり、「町長選、町議選が無投票になれば町民の方々は長期間、意思表示の機会を失って町行政に対して無関心になり、議会も緊張感がなくなる」などと、無投票阻止の思いで立候補を決意。比井崎地区で議員が1人になってしまったことも後押しした。抱負については「津波避難場所の確保、充実など防災対策に力を入れたい。また、選挙が無投票ムードになる原因は定数の多さにあると考えており、議員定数削減にも取り組みたい。高齢者福祉にも頑張る」と話している。


 去る20日投開票の御坊市議選よりもさらに超短期決戦となる今回の選挙では、前哨戦が一気にヒートアップ。早くも選挙戦突入のうわさを聞き付けた陣営では地盤となる地区でのあいさつ回りや地縁、血縁をたどっての支持拡大などに必死となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る