日高川の診療所と医大で5G実証実験

 ㈱NTTドコモは21日、日高川町川原河の川上診療所と和歌山市の県立医科大学との間で、次世代移動通信システム「5G」を使った遠隔医療の実証試験を公開した。ポータブルエコーとタブレットなどを使って川原河の患者を約30㌔離れた医大の医師が診察。4Kの高精細映像やタイムラグのないスムーズな通信で、へき地にいながら高度医療を受けられることを確認した。

 5Gは現行の4G(LTE)に次ぐ第5世代の移動通信システム。通信速度は最大10Gbpsで4G(2010年当時)に比べて100倍以上に高速化。無線でありながら有線の光ファイバー並みの高速インターネットが可能になるとして期待されており、2020年の実用化を目指し、総務省の主導の下、研究開発が進められている。

 実証実験は15日から25日まで実施中。21日は川原河の保健福祉センター内の和室を患者宅と想定し、川上診療所の医師、平林直樹所長が訪問。患者は心疾患の既往歴がある地元の80代男性。平林医師がポータブルエコーなどを胸に当て、医大では循環器の専門医である穂積健之准教授がモニターを見ながら対応。穂積准教授がエコーを当てる場所などや患者の体の向きなどを平林医師に指示。やり取りはエコーのモニターを共有するとともに、テレビ会議システムを使って医師同士が顔を合わせて行い、スムーズに診察していた。

 穂積准教授は「実際に目の前でやっているのとかなり近い感じで、十分取り入れていける」、平林医師は「自宅にいながら専門医に診てもらうことができ、交通弱者の患者さんの負担を減らすことができる」と有効性を確認。診察を受けた患者は「専門の偉い先生に診てもらえてとてもありがたいです」と喜んでいた。

 5Gの実験は昨年2月にも川上診療所と医大を結んで行っている。

写真=エコーを当てる平林医師(手前左)とモニターに映る穂積准教授

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る