寒川からITで起業

 日高川町地域おこし協力隊として2015年から17年12月まで寒川地区で活動していた近藤雄一さん(33)=滋賀県出身=が、寒川地内を拠点にパソコンサポート業を起業した。「楽天」でシステムエンジニア(SE)として働いたITスキルを活用し、地域の情報発信力をサポート。「仕事がないといわれる地方でも、こんな仕事ができるということを示せれば」と意欲を見せている。

 近藤さんは福井高専、金沢大学、同大学院で情報技術について学び、卒業後は日本有数のIT企業「楽天」に入り、SEとして「楽天トラベル」のシステム開発に携わってきた。楽天で約4年勤め、地域活性化に興味を持ち、日高川町の地域おこし協力隊に応募した。

 協力隊では寒川地区の担当となり、「ホタル・ホタル祭りの復活」「原木椎茸栽培」などに取り組んだ。ホタルの復興では中止になっていたホタル祭りを「寒川ワンダフルナイト」という新たなイベントで復活。イベントは毎年行われており、地域の活力向上に貢献。ITスキルを生かし、さまざまなホームページを作るなど、情報発信分野でも活躍してきた。

 退任後も寒川に残り、新事業を模索。昨年11月に試験的にフェイスブックなどでパソコンサポートの仕事を受け付けたところ、友人、知人以外からも多くの注文があったことから、国と町の地域おこし協力隊支援補助金(国100万円、町50万円)を受けて、「そうがわパソコンサポート」という〝屋号〟で本格的にスタートさせた。

 業務内容はパソコンやスマートフォンのトラブルからホームページの更新、このほか知識を生かせる専門的な仕事も受け付ける。「寒川でも仕事ができるという見本になれば。出張サポートなので立地的には不利ではありますが、今後、プラスになる要素を探していきたい」と話し、「将来的には県が進めるプログラミング教育にも携わっていければ」と抱負を述べている。

 町内ではこれまで3人の協力隊員が任期を終えており、3人とも町内に定住。うち、近藤さん含め2人が起業している。

 近藤さんへの問い合わせは「そうがわパソコンサポート」で検索。

写真=パソコンを前に近藤さん

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る