各地で消防出初め式

 御坊、美浜、由良、日高川、印南の5市町で6、7日、新春恒例の消防出初め(訓練初め)式が行われた。各会場には出動服姿の勇ましい団員や消防車両がそろい、本番さながらのポンプ操法や放水をはじめ、永年勤続団員の表彰、首長らによる部隊観閲があり、ことし一年の無災害へ決意新た。御坊市では園児の鼓笛演奏もあり、2019年のスタートに花を添えた。

 御坊市 7日に御坊小学校グラウンドで行い、6分団230人と車両26台、富安婦人防火クラブ員10人も参集。柏木征夫市長は式辞で、「防災力強化へ先頭に立って指導お願いします」と激励した。つばさ保育園幼年消防隊33人が鼓笛演奏で花を添え、藪脇廣司団長が「あらゆる災害に対応できるよう訓練を重ねる」と謝辞を述べた。

 美浜町 7日に松洋中学校であり、団員70人と消防車両11台が集結。自主防災会の代表らも出席した。分列行進、表彰や感謝状贈呈のあと、森下誠史町長が「今後も自主防災会と消防団の連携を密にし、地域の安全安心確保につなげてほしい」と式辞。久保博巳団長が謝辞で決意を示し、松林への一斉放水で士気を高めた。

 由良町 6日に由良中学校で行われ、3分団から125人と消防車両17台が参集した。畑中雅央町長は「町民の安心、安全を守るためさらに精進を」と式辞。永年勤続表彰、来賓祝辞に続き、部隊観閲があった。大江尚次団長は「火災や自然災害に対して強い危機意識を持って消防活動に従事したい」と決意を新たにした。

 日高川町 7日に船津広場で行われ、8分団の団員253人、山野と江川の婦人防火クラブ16人、消防車両22台が参集。西泰海団長は「地域住民の生命と財産を守るという使命のため、知恵を出し合って励みたい」と訓示。式典後、近くの日高川の河原へ移動し一斉放水。いくつもの力強い水柱で士気を高めた。

 印南町 6日に若者広場であり、集まった団員216人と車両30台が分団・班ごとに入場。日裏勝己町長が式辞で団員たちを激励し、濵中芳光団長が訓示。表彰や観閲のあと、第4分団の沖野勝己さん、夏目佳昭さん、沖野耕士さん、大地直之さんの計4人が小型ポンプ操法を披露。素早くホースを延長し、力強く放水した。

写真=永年勤続で表彰(美浜町)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る