十日えびすにぎわう

 「えべっさん」で親しまれている「十日えびす」が9日から始まり、各地の神社は商売繁盛や一年の福を願う多くの参拝者でにぎわっている。日高川町江川の丹生神社(井口健祐宮司)や印南町山口の山口八幡神社(岡田朝臣宮司)では氏子の女の子らが福娘として登場。笑顔で迎え、福笹に大判小判やタイの縁起物を授けていた。

 丹生神社では宵えびすの9日、敬神婦人会のメンバーとともに福娘で山野の岡本愛菜さん(15)、芝崎愛日さん(15)が参拝者を歓迎。鈴を振り福笹、熊手や箕(みの)の縁起物を授けた。笑い祭で知られる神社。境内は笑顔であふれ、2人は「皆さんにとっていい一年に。私たちは受験生なので志望校に合格したいです」、母親と2人で来ていた地元の50代女性は「うちは農業なので五穀豊穣を。家内安全いい年になれば」と話していた。

 山口八幡神社では9日に印南地区、10日に名田地区の女性がそれぞれ3人ずつ福娘を務め、総代とともに縁起物を販売。10日は山﨑結子さん(19)=楠井=、久保花有さん(20)=上野=、矢野真菜美さん(24)=野島=がみこ衣装に金色の烏帽子をかぶって福を招き、日高町に住む60代の男性社長は「ここ数年ほど来させてもらっていますが、おかげさんで忙しく、このまま景気のいい状態が続いてほしい」と笑顔を見せていた。

写真=鈴を振って縁起物を授ける福娘

関連記事

フォトニュース

  1. オリンピック成功してほしいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る