十日えびすにぎわう

 「えべっさん」で親しまれている「十日えびす」が9日から始まり、各地の神社は商売繁盛や一年の福を願う多くの参拝者でにぎわっている。日高川町江川の丹生神社(井口健祐宮司)や印南町山口の山口八幡神社(岡田朝臣宮司)では氏子の女の子らが福娘として登場。笑顔で迎え、福笹に大判小判やタイの縁起物を授けていた。

 丹生神社では宵えびすの9日、敬神婦人会のメンバーとともに福娘で山野の岡本愛菜さん(15)、芝崎愛日さん(15)が参拝者を歓迎。鈴を振り福笹、熊手や箕(みの)の縁起物を授けた。笑い祭で知られる神社。境内は笑顔であふれ、2人は「皆さんにとっていい一年に。私たちは受験生なので志望校に合格したいです」、母親と2人で来ていた地元の50代女性は「うちは農業なので五穀豊穣を。家内安全いい年になれば」と話していた。

 山口八幡神社では9日に印南地区、10日に名田地区の女性がそれぞれ3人ずつ福娘を務め、総代とともに縁起物を販売。10日は山﨑結子さん(19)=楠井=、久保花有さん(20)=上野=、矢野真菜美さん(24)=野島=がみこ衣装に金色の烏帽子をかぶって福を招き、日高町に住む60代の男性社長は「ここ数年ほど来させてもらっていますが、おかげさんで忙しく、このまま景気のいい状態が続いてほしい」と笑顔を見せていた。

写真=鈴を振って縁起物を授ける福娘

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る