勝者の涙と謙虚さに感動

 大相撲初場所はモンゴル出身、関脇玉鷲の初優勝で幕を閉じた。横綱稀勢の里の3連敗、引退に始まり、負傷休場続出の大荒れとなったが、横綱の引退騒動を吹き飛ばす若手の台頭が印象深い15日間だった。

 序盤は錦木、北勝富士、阿武咲、碧山ら平幕力士の健闘が光った。とくに錦木は初日から2大関、1横綱を破る活躍で、不戦勝を含め4連勝で迎えた5日目、同じ全勝の横綱白鵬を土俵際でかわし、金星の軍配が上がった。

 しかし、微妙な相撲は物言いがついて取り直しとなり、二度目の勝負は攻め込みながらも最後にいなされ、土俵下に転がり落ちた。立ち合いの鋭さは五分、地味ながらたしかな錦木の成長を感じたが、終わってみれば7勝8敗。あと一歩のところで三役を逃した。

 白鵬を追い詰めた力士はほかにもいる。4日目の北勝富士は顔を何発も張られながら一方的に押し込んだが、土俵際で逆転された。物言いがつき、ビデオのスロー映像はほぼ同体に見え、解説北の富士も思わず「もう一丁」となったが、軍配は覆らなかった。

 6日目までに2横綱が休場、3大関も序盤から黒星先行でふがいないなか、先場所優勝の貴景勝、玉鷲の関脇2人が終盤に白鵬を撃破し、連日、大入りの国技館を沸かせた。3月の大阪は大関を狙うこの2人を軸に、けがから復活の御嶽海、初の三役が濃厚の北勝富士、阿武咲、朝乃山らに期待がかかる。

 不祥事続きの大相撲とはいえ、土俵の上の真剣勝負はファンを熱狂させる。圧倒的な力とうまさを兼ね備えた横綱、大関に対し、小さな平幕力士がいかに立ち向かうか。先週末、テニスの大坂なおみ、玉鷲の涙と謙虚さに感動した人も多いはず。日本出身力士はさらに奮起を。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る