一年の計は元旦にあり

 新しい年が始まった。読者の皆さんも何かしらことしの目標を立てたのではないだろうか。初詣に出かけた人も多いと思うが、「ことしも健康でありますように」「仕事がうまくいきますように」志望校に合格しますように」と祈願するのもある意味目標と言えるだろう。しかし、いくら神頼みをしても、自分自身がそれに対して努力しなければ、神様からの後押しも得られないかもしれない。

「一年の計は元旦にあり」ということわざがある。毛利元就が「一日の計は朝にあり、一月の計は朔(ついたち)にあり、一年の計は春にあり」と言ったことが由来になったという説もある。朔とは月初めの日ということ。物事が始まるに当たっては最初にきちんとした計画を立てることが大切だということだ。

 ちょっと話は変わるが、1968年のメキシコマラソン男子マラソンで銀メダルを獲得した君原健二という選手がいた。戦後の日本男子マラソン第1次黄金時代に活躍したランナーだ。フルマラソンに54回出場し、途中棄権は1度もなかった。しかし、君原さんもレース途中に苦しくなってやめたくなる時があるそうだ。そんな時は「あの街角まで、あの電柱まで、あと100㍍だけ走ろう」と自分に言い聞かせながら走ったという。その積み重ねで最終的に42・195㌔を完走することにつながる。

 ことし立てた1年の目標を達成することが難しくなることもあるだろう。そんな時は君原さんのように「きょうだけ頑張ろう」「この一瞬だけでも乗り越えよう」という気持ちが大切だ。それが最終的には目標の達成につながり、充実した1年を過ごすことになるのではないか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る