スイセンのまちづくり

 由良町の町花スイセンが白崎で咲き始めている。県立白崎青少年の家の開花状況によると、8日現在、つどいの広場下の斜面は3~5分咲き、体育館横は5分咲き。番所跡はまだちらほらしか咲いていないが、今月27日に青少年の家で催される第16回すいせん祭では見頃となりそうだ。

 スイセンは1983年3月、町花に指定。白崎青少年の家の周辺には、10万本を超える野生スイセンの群生地があり、特に八重咲きのニホンズイセンが多い。関西でスイセンの名所を調べてみると、あるネットサイトでは灘黒岩水仙郷(兵庫県南あわじ市)、明石海峡公園(同県淡路市)、びわ湖バレイ(滋賀県大津市)など11件を紹介。その中に白崎も含まれており、白崎が関西で名の通った名所であるのだとあらためて思った。

 うち日本三大群生地に数えられる灘黒岩水仙郷は、約7㌶に500万本の野生のスイセンが群生しており、観賞しやすいように遊歩道を設置。昨年、由良町議会でも取り上げられていたが、特産品売店や喫茶、レストラン、水洗トイレ、自動販売機などがあり、入園料も16歳以上が500円、5~15歳が300円に設定。一大観光地として活用されている。

 それと比べ白崎は規模が小さいが、スイセンだけでなく白い岩山と日本のエーゲ海と称される美しい景観もあるのが武器。冬場の観光にこのスイセンをもっと生かせるのではないだろうか。例えばスイセン開花期間中の土・日曜日だけでも特産品販売のテント市やイベントを行うのもいいかもしれない。町でも「すいせんロード」の計画があり、今後さらにスイセンのまちづくりが進むことを期待したい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る