がん予防教育の普及を

 日本で年間100万人が死亡しているうち、一番多い原因はがんで、3割近くもあるそうだ。さまざまな治療法が開発され、「がんは治る病気」と言われつつあるものの、まだ恐ろしい病気。昨年は筆者のコラムを褒めてくれていた伯父もがんでなくなり、寂しい限りである。

 筆者ががんについて初めて知ったのは小学校低学年の頃で、何かの雑誌の記事を見た。その時はがんの死亡率の高さに恐怖を感じ、夜に思い出すと眠れないほどショックを受けた。むやみに恐れるのはよくないかもしれないが、子どもの頃からがんの怖さについて正しい知識を身に付けるのは大切だと思う。

 先日、日高中学校で県がん教育総合支援事業の教育モデル授業が行われた。講師は県立医科大学がん薬物療法専門医・腫瘍内科医の上田弘樹病院教授で、非常に分かりやすい内容だった。がんの原因は生活習慣や細菌、ウイルス、遺伝。生活習慣では喫煙や受動喫煙、アルコール、食事、脂肪の取り過ぎ、運動不足がよくない。たばこについては控えるのではなく、禁煙した方がよいとのこと。アルコールは節酒ということで適度に飲めばいいそうだ。あとはバランスのよい食事、適正体重の維持、運動など。自分自身にあてはめると禁煙はしたが、アルコールは控えるべきで、運動不足もあてはまる。

 何にしてもいろいろ考えさせてくれる取材となった。生徒たちも「がんは怖い病気」「僕らも無関係じゃない」などと率直に感じたようで、モデル授業の狙いとしては大成功だろう。人の命をむしばむがんを撲滅する医療技術の進歩とともに、子どもへの予防教育の普及が進むことを期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る