JAXAの圦本さんが天文公園で講演

 星めぐり・かわべ天文友の会主催のイベント「星めぐりを奏でる夕べ」が8日に日高川町和佐のかわべ天文公園で行われ、同町出身でJAXA特任教授、はやぶさプロジェクトにかかわっている圦本尚義さん(60)が講演した。同天文公園で圦本さんが語るのはこれが初めて。「ここでの講演は私にとって格別です」と話し、大きな拍手が送られた。

 圦本さんは、「はやぶさは地球の誕生、はやぶさ2は生命の誕生を探るプロジェクト」と説明し、2014年12月3日、種子島からのはやぶさ2打ち上げ映像を動画で紹介。「ことし6月に目的の小惑星リュウグウの上空に到達するまで、はやぶさ2は3年半かけて32億㌔の旅をしました」と話し、到達の瞬間にスタッフみんなが「やった!」と喜ぶ様子の写真も紹介した。「リュウグウの上空20㌔がホームポジションで、今もそこにいます。9月21日に着陸機ミネルバを2機放出し、ミネルバは地面に落ちて飛び跳ねながらリュウグウの地平線と太陽の光を撮影しました」と、ニュースでも紹介された写真を大きく映して見せ、リュウグウは直径900㍍ほどの天体で地表が予想よりもでこぼこしており、はやぶさ2の着陸できる地点が容易に見当たらないことを説明。送られてくるデータをもとに可能なポイントを探し、「15㍍四方の範囲内で着陸できるポイントがあることがわかりました。おそらく1月下旬に着陸できると思います」と明かした。はやぶさ2の使命はリュウグウの物質を持ち帰ることで、今回は表面だけでなく、穴を掘って内部の物質も持ち帰る。「生命のふるさとを知るミッション、リュウグウからの『玉手箱』が帰ってくるのは2020年、東京オリンピックのあとです。楽しみに待っていてください」と締めくくった。質疑応答で「はやぶさの時との大きな違いは」と問われ、「はやぶさはいろいろ壊れて大変でした。2は、その経験から学んで計画したので、今のところ失敗はまったくなく順調に進んでいます。映画にはなりませんね」と笑わせた。

 続いて上玉利剛さん(京都府在住)が星空の解説。天体望遠鏡の特別観望を予定していたがあいにくの曇り空で、終演後に希望者が天文台へ上がることに。雲の晴れ間を待ち、おうし座の恒星アルデバランだけを見ることができた。参加者は「一つだけでも見られてよかったです」と満足そうに話していた。

写真=はやぶさ2のミッションを語る圦本さん

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る