高校総合文化祭書道県代表に伊藤さんと山本さん

 県高校文化連盟書道部会の2018年度全国高校総合文化祭県代表選考会が星林高校で開かれ、代表4人のうち2人に紀央館高校書道部(石田真弓顧問)の部員が選ばれた。伊藤光玲(みれ)さん(2年)と山本鮎美さん(同)で、それぞれ作品が高評価された。2人とも初めての県代表。「全国ではしっかり学んできます」と張り切っている。総合文化祭は来年7月27日から8月1日まで佐賀県で開かれる。

 2人は国際高校生選抜書展(書の甲子園)でも初入選。今回は73点から選ばれた。

 伊藤さんの作品は草書で「臨傅山(りんふざん)」。書の甲子園でも取り組んだ題材だが、今回は原典と同じ二尺八尺(60・6×242・4㌢)の用紙に書いた。「書の甲子園の時は幅の広い全紙を使い、構成を自分で考えましたが、今回は手本とまったく同じ大きさの構成なので、寸分違わず書けるようにより一層集中して臨みました。夏休みからずっと取り組んできた成果が出せて、とてもうれしいです。総合文化祭では全国の高校生の優れた書が並ぶので、いろんな書体を見て今後の参考にしたいと思います」と喜びを話している。

 山本さんも書の甲子園と同じ題材の「臨趙之謙(りんちょうしけん)」だが、用紙は三尺八尺(90・9×242・4㌢)。隷書で書いた。「書の甲子園で使った全紙より小さなサイズだったので、きれいに収めるよう線を細くするなど、工夫して書きました。一つ一つの文字の形をきれいに書くのが難しかったです。総合文化祭ではこれからの自分に生かせるよう、たくさんの作品をしっかり見てきます」と意欲的に話している。

写真=賞状を手に喜びの山本さん㊧と伊藤さん

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る