鈴鹿カートレース 北山さんがシリーズ初制覇

 全国の強豪レーサーが集う鈴鹿選手権シリーズカートレースアバンティクラス(18歳以上、全5戦)の最終戦が今月15、16日に三重県の鈴鹿サーキットで行われ、由良町里出身の北山深翠(しんすい)さん(22)=京都府在住、龍谷大学4年=が優勝、初のシリーズチャンピオンに輝いた。第4戦までトップを走る選手に総合ポイントで大差を付けられていたが、最終戦で逆転、栄冠をつかんだ。

 全長1264㍍を誇り、世界でも屈指の高速コースとなっている鈴鹿サーキット国際南コースを舞台に開催される鈴鹿選手権。10のクラスがあり、アバンティクラスはことし3月からスタートした。

 田辺市中辺路町のレースチーム「FARМ RACING」に所属する北山さんは、初戦が最終ラップに突然のマシントラブルでリタイアとなったが、第2戦はぶっちぎりの優勝。第3戦は祖母の死去に伴い参戦を見送った。第4戦は知人のたっての願いでその知人のカートで参戦。レースの前日に就職試験の面接があり、本番当日はぶっつけでマシンセッティングもできなかったが、3位につけた。最終戦では、公式予選、予選、決勝の3レースとも1位での完全優勝。決勝のタイムは14分28秒308で、2位に4秒724の大差をつけてフィニッシュした。第4戦の終了時点で総合ポイントのトップを走っていた三重県の選手とは10㌽以上の差をつけられていたが、その選手は最終戦が7位と低迷。Vゴールを飾った北山さんのポイントが上回った。23日には鈴鹿で合同表彰式が行われ、シリーズチャンピオンのトロフィーが贈られる。

 昨シーズンのアバンティクラスでは、第1戦で初優勝し、その後が振るわなかったものの、シリーズ3位に入った。今回、初のシリーズ制覇に「第4戦までの点差的に、シリーズ優勝はないと思っていたので意外な気持ち。最終戦はコンディションもよく、優勝は狙えると思っていた」とクールに喜びを表現。来年4月からは地元での就職も決まっており、「今後もやれる時にカートをやれればいいかな」と話している。

 メカニックとして二人三脚で取り組んできた父の憲昭さん(53)は、「応援してくれていた祖母が夏に亡くなったが、天国で喜んでくれていると思う。ことしは初戦でつまずいたので、『楽しんでやっていこう』と楽な気持ちで臨んだのがよかった」と笑顔をみせている。

写真=優勝トロフィーを手に北山さん

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る