重山からの絶景に感動

 先日、由良町観光協会の重山ハイキングを取材した。先に別の取材をしていたため、スタート地点から同行することができず、15分ほど遅れて追いかける形に。重山に登るのは初めてで道も分からなかったが、周辺住民に登山口を聞いて入山。小路は付いているが、結構な急勾配のところがあり、「追い付かなければ」と歩くペースを上げているせいもあって息がぜーぜー、足も上がらない。日頃の運動不足を痛感しながら、やっとハイキング一行の後ろ姿が見えたときはホッと一安心。しばらく歩くと開けた岩場に到着し、そこから見下ろす大パノラマの絶景には、疲れも吹き飛ぶ思いだった。

 重山は由良湾の北側に位置し、海抜262・5㍍で「由良富士」とも呼ばれる。今回登った神谷側からは約1時間あれば山頂に到着。山頂には史跡の重山観音(白雲山海宝寺)がある。昔はもっと山麓にあり、平安時代に慈覚大師が嵐に遭い、しばらくとどまって建てた寺とされる。また、山頂から糸谷側へ少し下山すれば、里方面も眺望できる。

 運動不足の筆者のような人には少々きついコースだが、美しい景色や大自然が満喫できること、健康増進にもなることなどを考えれば、なかなかいいハイキングコースと言える。しかも、今回は参加者が格安でクエ料理を楽しめる特典もあった。あえて言うなら、山道の石ころや邪魔な草木の伐採など、安全面を考えてそれなりの整備がされていた方がいいと思うが、本格的な観光プランとして商品化するのもいいかもしれない。由良町には白崎はじめ戸津井鍾乳洞、興国寺など多彩な観光資源もあり、今後さらなる発展の可能性を感じる。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る