花紋 トラフグ料理を堪能しよう

 花紋では、地元産の天然トラフグを使った料理が好評です。

 天然トラフグは、身がしまって旨みが濃いそうで、他県産のトラフグに負けないくらい旨みがあるのが特徴なのだとか。「てっさ(薄造り)」(3000円)をはじめ、「てっちり鍋」(1万円)、「塩焼き」「からあげ」などの単品メニューやコース料理(1万3000円~)を用意しています。価格はすべて税抜。

 また、忘・新年会の予約も好評受け付け中です。会席コースはもちろん、宴会にぴったりな料理をたくさん取りそろえています。ことしの忘・新年会は同店で決まり!

 「この機会にぜひ、旬のフグ料理を食しませんか。皆さまのご来店をお待ちいたしております」。

写真=旬のトラフグを味わいませんか

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る