美浜の松林内にドッグラン定期開設へ

 飼い犬を自由に運動させられる、専用の広場「ドッグラン」。美浜町吉原公園南側の松林内で、来年から定期的に開設される見通しとなった。町の地方創生事業で同公園周辺の再整備を進める「ふれあいと健康と起業のまち創生協議会」の取り組み。11月と12月に1回ずつ試験的に設置したところ好評で、飼い主同士の交流や子どもたちが動物と触れ合える場として常設も視野に入れ、付近のにぎわい創出につなげていく。

 試験開設は11月23日と今月9日に実施。地方創生事業で建築した産品コーナー前の広場に直径20㍍ほどの円形にネットを張り、愛犬を自由に運動させられる場所を提供した。初回の開設には20匹の犬と飼い主が集まり、「近くにこんな施設ができればうれしい」と好評だった。

 ドッグランは全国的に徐々に整備されてきているが県内では珍しく、同協議会によると日高地方周辺では湯浅町と田辺市には設置されているという。吉原の取り組みでは、今後の開設日には試験開設同様に飼い主がカフェを楽しめるほか、愛犬用の食事の提供、町内女性トリマーによる爪のケアや毛並み相談、町内女性作家によるハンドメードの犬グッズ販売なども行う計画。「セラピードッグ(高齢者、障害者、病気の治療を必要とする人の身体と精神の機能回復を補助する活動をする犬)を連れてきたり、しつけ教室を開いたり、犬にちなんださまざまなイベントを考えていきたい。飼い主同士が交流できるようにするだけでなく、飼い主と仲よくなれば犬と触れ合うこともできるので、子どもから大人まで犬好きが集まる場にしてにぎわうようになれば」と意欲的に話している。定期開設が順調にいけば、常設も検討するという。

 来年の開設は日程が決まりしだいチラシなどで情報発信する方針。問い合わせは同協議会℡0738⑳4915。

写真=11月23日に開設されたドッグラン

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る