福島のJA関係者が交流感謝でJA紀州訪問

 東日本大震災翌年の2012年以降、JA紀州の青年部や女性会が仮設住宅を訪問、スターチスなどの花を届けていた福島県から7日、JA福島県青年連盟のメンバーら6人が日高地方を訪れた。これまで交流を続けてきた郡山市の仮設住宅入居者はことし9月に最後の1人が退去し、全員が仮設生活を終えた。これまでの心温まる交流に対する感謝の訪問。特産の花や梅の産地視察も行った。

 JA紀州とJA福島さくら(郡山市)など福島県との交流は、震災翌年から始まり、JA紀州青年部のメンバーが毎年、同市の仮設住宅を訪問し、特産のスターチスなどの花を被災者にプレゼント。青年部とは別に女性会のメンバーも同様の活動を行っており、一日も早く元の生活、まちのにぎわいが戻るよう願いを込め、交流を続けてきた。

 郡山市ではことし9月までに仮設住宅入居者全員が無事退去し、JA紀州青年部は5月にそのお祝いを兼ねて訪問。今回は、これまでの和歌山からの訪問、交流のお礼をしたいと、福島県からJA福島さくら、JA福島県青年連盟のメンバーが初めて日高地方を訪問した。

 JA紀州本店では本谷昌平常務と青年部員らの出迎えを受け、青年連盟の草野城太郎委員長らは「これまで本当にありがとうございました」「和歌山の花が届くと、仮設住宅が一気に明るくなりました」などと感謝し、福島の復興状況や互いの農業の現状、将来についてなど和やかに懇談した。

 スターチスやミニトマト農園、みなべうめ振興館の視察も行い、8日はみなべ町のAコープみなべ店ほんまもん直売所で、被災後復興したJA福島さくらのリンゴ「サンふじ」とリンゴジュースの販売会も行った。

 JA紀州側の福島訪問はいったん終了となるが、今後も何らかの形で交流は続けたいとしている。

写真=和やかに歓談する福島県のJA関係者(中央から右側)

関連記事

フォトニュース

  1. まちづくりって難しい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る