着陸間近の「はやぶさ2」

 日高川町出身、北海道大学大学院理学研究院教授の圦本尚義さんが、故郷のかわべ天文公園で初めて講演を行った。8月に美浜町で行われた講演も取材したが、今回は、9月に「はやぶさ2」から探査機ミネルバが小惑星リュウグウへ放出されてから初めての講演である◆落とされた2機のミネルバが地表でバウンドしながら撮った写真は、当時ニュースで紹介。この夜の講演でも大きく映し出された。リュウグウの地平線とまばゆい太陽の光がいっぱいに映り、感動的な美しさである。全国紙で見た時には本当に「はっ」と心を奪われた。3年半という時間をかけ、32億㌔の旅の果てに目的地の上空に到達した「はやぶさ2」。その光に満ちた映像は、ミネルバ自身が、前人未到の地に到達した感動を表現しているかのような錯覚を覚えさせてくれた◆直径900㍍ほど、ほんの小さな天体である小惑星リュウグウ。重力も極めて小さく、その上で歩くことはできるが、走ると宇宙空間へ飛び出してしまう。「はやぶさ2」はその上空20㌔に浮かび、地球へデータを送ってくる。その結果、思ったより地面がでこぼこで着陸は難しいと分かった。難題だが、講演によるとどうやら着陸ポイントの見当はつきそうだという◆プロジェクトの順調な進行状況は「映画にはなりませんね」と圦本さんは笑いを誘ったが、映画にできないほどスムーズに計画を進めること、多くの条件をクリアして着実に前進することがどれほどの偉業か。一つ一つ作業の説明を聴くと凄さが胸に迫る◆ミネルバは知恵の女神の名である。32億㌔の彼方にある光景を目の当たりにできる、その事実の価値をあらためて思う。人間の叡智と情熱は、深遠な宇宙の謎にどこまで迫れるのだろうか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る