県議選日高郡 前印南町長の玄素氏出馬表明

 任期満了(来年4月29日)に伴う県議選に向け、前印南町長で現同町議の玄素彰人氏(45)=印南町印南=が7日、日高郡選挙区(定数3)への無所属での出馬を表明。現職3氏も立候補の構えで、20年ぶりの選挙戦の公算が大きくなった。

 和歌山市内で記者会見した玄素氏は「自身の考えや経験を県政にぶつけたい。これまでの評価も含め、有権者の皆さんに選択枝を示すことで、5期連続の無投票を回避する必要がある」と決意の理由を述べ、日高郡について「町ごとに魅力はあるが、活性化にはある程度広域的に取り組む必要があり、県議として町単位より大きい県の予算を活用したり、行政同士のパイプ役を担いたい」と強調。日高郡選挙区について「有権者に選択肢を示す意味で、無所属の私が出る価値はあると思う」と述べた。

 玄素氏は政党職員や代議士秘書を経て、2001年から05年まで町議、08年から12年まで町長を務め、昨年の町議選で再び当選。会社役員の傍ら、活動している。今後、12月議会終了後に辞職する考え。「いま以上に印南町にも貢献できる」としている。

 日高郡選出の花田健吉(60)=自民党県議団、当選4回・印南町印南原=、冨安民浩(70)=同・7回・日高町高家=、坂本登(72)=同・5回・みなべ町南道=の現職3氏(議席順)は全員が引退の意思を示しておらず、出馬が濃厚。同選挙区は03年、07年、11年、15年と4期連続で無投票が続いているが、これで1999年以来、5期ぶりの選挙戦になりそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る