県勢初Vにあっぱれ

 「エースはすごい球を投げるが、打線は少し非力。4年前(全国選抜大会4位)のチームと比べるとまだまだ」。中学生硬式野球・関西№1決定戦「第14回タイガースカップ」で県勢初となる優勝を飾った紀州由良リトルシニアの新チーム公式戦初戦を観戦した正直な感想はそんなところだった。その試合から2カ月半ほどがたったいま、選手たちの成長に驚かされている。

 和歌山ブロック予選は3勝2敗で2位通過。第4戦まで主砲をけがで欠く苦しい戦いを強いられた。それでも強豪の南部を破って望みをつなぐと、最終戦は復帰した主砲が大暴れ。粉河に快勝し、関西大会の出場権を獲得した。メンバーがそろった関西大会では4位入賞。4年ぶり2回目のタイガースカップ出場を決めた。

 主砲が欠場の間、五分に踏ん張れたのが大きい。主砲の復帰後は下位打線やつなぎ役の選手が大活躍したのが印象的。とくにタイガースカップ決勝は2、3番手投手が素晴らしい投球を見せた。「チーム全員の力で勝つんや」。原政隆監督らスタッフが戦前に掲げた通り、結束力を発揮できた結果が栄冠につながったことと思う。

 野球は4番打者ばかりを集めても勝てないとよくいわれる。つながりや役割分担などが必要で数字に表せない力も勝敗を大きく左右する。紀州由良は主砲の故障の間に他の選手が穴を埋めるプレーをきっちりと果たし、技術的なレベルも上げたのだろう。主砲が復帰後は戦力が増しただけでなく、お互いカバーし合ってきたことで結束力も高まり、好成績を残せたように感じられる。チームワークの大切さを知らしめた戦いぶりに、あらためてあっぱれ。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る