来年は観光に明るい一年

 訪日外国人数が、今月18日に初の3000万人を突破した。日本を旅行先に選ぶ外国人は5年前に比べて3倍に増えた。インバウンドという言葉もすっかり定着したように思う。円安や格安航空、ビザの取得要件緩和などが増加の要因とされるが、大都市東京、古都・京都の歴史ある町並みや伝統、オリジナルの食文化など外国人にとっての魅力が高いからこそ。定番の観光地を巡るゴールデンルートに加え、誘客の成果で地方でも観光客を伸ばしている。和歌山では高野山が外国人に人気の観光スポットランキング2017でトップ10入りしている。

 日高地方に目を向けると、外国人観光客を見かけることはほとんどない。インバウンドの流れを引き寄せられていないのが現状だ。高野山まで来ている流れをなんとか呼び込む観光ルートを作れれば。そんな思いを持って観光振興に取り組んでいる人たちには大きな朗報となるだろう。日高地方を舞台にした映画が制作される。日高地方の各市町に順次舞台を変えながらストーリーが進む予定という。我々が見慣れている風景や町並みも、外国人や県外の人から見れば魅力ということも大いにあるだろう。

 映画やドラマのロケ地を聖地として足を運ぶ観光「ロケツーリズム」が年々注目されている。メガホンを取るのは、海外の映画祭で受賞経験のある実力派、外山文治監督。制作を全面協力しようと日高地方の官民が一体となって実行委員会も発足した。撮影は来年夏、2020年に公開予定という。撮影にはエキストラとして地元住民の協力も必要になってくる。住民挙げて映画作りに参加しよう。来年は今後の日高の観光にとって明るい一年になりそうだ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る